2014年5月3日公開

歌舞伎町はいすくーる

922014年5月3日公開
歌舞伎町はいすくーる
2.9

/ 8

13%
25%
25%
13%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

不動産で財を築いた覇稲剣(塩谷瞬)は、歌舞伎町の中心にある定時制歌舞伎町高校に通うことに。そこには美しいゲイボーイや68歳の美女といった生徒、怪しげな雰囲気の校長など、多彩な人たちが集結していた。そんな学校に9年間植物状態だった三島剣一(乃木太郎)が入学してくる。三島は、日本がゼルダ星人に侵略されようとしていると話していて……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(5件)

笑える22.2%悲しい11.1%かっこいい11.1%泣ける11.1%かわいい11.1%

  • JUNJUN

    3.0

    感想

    確かにちっともおもしろくない。 けど、そこを狙ったとしたら大成功。

  • deh********

    1.0

    ひどいです

    まぁ観る価値はないでしょう。

  • jap********

    1.0

    つまらん

    駄作。

  • cgk********

    4.0

    現実と交差する学芸会?。

    実は、自分は「32」年間勤務した公立中の教師を今春、早期退職。新たに大学院(通信)の「学生」になりました。 わかるなぁ。主人公の気持ち……。 「自己肯定感」のなさ、「所属感」のなさ……。 現実の「自分」と交差して見えました。 映画の出来?。はっきり言って「学芸会」レベル……。 しかし、「学芸会」って時折「拍手喝采」で「人の心をわしづかみに」するんだよね。 ちょっと、ストーリー展開が昨日見た「アメイジング・スパイダーマン2の4DX」を想起させました。 「本日公開日」の「初回上映」で観客は「自分たった一人」……。 大丈夫かなぁ?この映画。 観客に心配させる「観客の入り」でした。 でも昨日みたいに五月蠅い「バカップル」いなくて、スクリーン独り占め。 「ちょー、気持ちええー」って感じでした。 あっそれから、ポイント貯まってて「映画代無料」でした。 「ちょー、気持ちええー」。 追伸、大学院のスクーリング4月と5月にありました。 5月の「レポート発表」で何故か「涙」がこぼれてきた「自分」に唖然……。 今まで1000人以上の前で平気でスピーチしてたのに……。 そういった意味でも、本学芸会?は「有意義」でした。

  • sou********

    5.0

    ネタバレ塩谷カッコイイ笑える

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
歌舞伎町はいすくーる

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル