ここから本文です

神宮希林 わたしの神様 (2014)

監督
伏原健之
  • みたいムービー 73
  • みたログ 66

4.04 / 評価:46件

解説

『そして父になる』などさまざまな作品で独特の存在感を放つ、女優の樹木希林が初めてお伊勢参りに赴く姿を追ったドキュメンタリー。伊勢神宮への参詣を中心に種々の祭事に参加したり、鳥羽市の地元の海女さんたちを守る石神様を訪ねたりする姿を映し出す。国内外で作曲家やピアニストとして活躍する村井秀清が音楽を担当。珍しい樹木の自宅映像はもとより、撮影の合間に飛び出す彼女の率直な物言いや潔い生きざまが堪能できる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

2013年7月、70歳になった樹木希林は、20年に1度の式年遷宮が行われる三重県の伊勢神宮へと初めて参拝の旅に出る。3か月後の大きな行事を控え、お伊勢さんと人々に親しみを込めて呼ばれる伊勢神宮では、神様のお引っ越しの準備が着々と進められていた。たくさんの参拝客が行き交う中、彼女もその一人となり参宮街道を歩いていく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ