2014年4月26日公開

さよならケーキとふしぎなランプ

882014年4月26日公開
さよならケーキとふしぎなランプ
3.9

/ 9

33%
44%
11%
0%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

東京の吉祥寺でカフェを営むこのぎしさん(堂島孝平)は、ケーキ作りが得意ではない。毎晩、お気に入りのランプに明かりを灯し、ケーキを試作していた。そんなある日、家出娘のあき(平田薫)が店を訪れる。パティシエのあきは店で働くこととなり、のこぎしさんのランプに秘密があることを知る。そんなとき、あきの父(梅垣義明)が突然田舎からやって来て……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(3件)

泣ける42.9%ファンタジー28.6%不思議14.3%楽しい14.3%

  • soh********

    1.0

    ご都合ストーリー

    もうちょっと画になるお店で撮影したほうが・・・

  • ddm********

    4.0

    ネタバレほっこりほろほろ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kit********

    4.0

    ふしぎなランプを通じての不思議な暖い物語

    吉祥寺を舞台にした映画プロジェクトの第4弾の作品。 工事中だった吉祥寺駅や、ディープな吉祥寺の街が、ふんだんに見ることができました。 テーマは「愛する人との別れ」でしょうか。ふしぎなランプを通じて、さまざまな人間ドラマが観察できました。 人は、どうしても表面的な言葉だけで状況を判断してしまいがちですが、裏に隠された気持ちは違ったりする。その意味が終盤の展開で知ることができました。(現れる人と現れない人の特性の違いで) 映画のストーリーは先の展開が読みにくく、色々考えさせられる内容でした。 内容的に、重なる人が多かったのでしょう。 映画鑑賞中は、あちらこちらからすすり泣きの声が聞こえました。 ランプの不思議な力に触れた人は、皆前向きになったのが印象的でしたね。 自分も例外ではなく、この映画を見て、ほっこりした気持ちになりました。 この映画は、町おこしの映画とのことですが、その枠を越えた作品に感じました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
さよならケーキとふしぎなランプ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日