レビュー一覧に戻る
ハウ・トゥ・エスケイプ?

bla********

4.0

ネタバレそんなに悪い作品ではないです

おお、未採点なのですね。 そうですか、でも、何人かは観られたのでしょうかね。 では、とりあえず、まずは鑑賞してみます。 ううん。。。 最初に、最後近くの映像から始まる手法は、 新鮮味がなくて好きじゃないけど、 すぐに、車ごと埋められたばかりのストーリーが始まります。 どうして、こんなことになったのか記憶が跳んでしまっているけれど、 とにかく、なんとかしなくちゃ。 そんな感じで、最初の頃は、まだ気持ちにも余裕があります。 レンチの部品を繋げて長いパイプにして車のルーフから伸ばして、 空気を吸おうとしたり、アイデアも面白いです。 ひとり芝居かと思いましたが、 恋人との思い出のシーンは色彩も明るく癒されます。 その恋人につれなかった自分を反省するなどの脚本は、 ともすれば車の中のシーンが単調になりがちなドラマに起伏を与えます。 しかし、次第に地中の圧力により車体が歪み始め、 主人公に決意を迫ります。 それからのシーンは見ているだけでも、本当に息苦しいです。 主人公は埋もれている車中で、助かっている夢をみます。 目が覚めると、相変らずの埋もれた車の中。 普通なら思い切り失望感を表す演技をするところですが、 逆に淡々としているところがリアルな感じがしました。 それにしても、車ごと、土砂崩れで埋められるなんて、 まさに悪夢。 夢でも、こんな夢はみたくないですね。 思ったより、ちっとも悪い作品ではなかったです。 期待せず観たのがよかったのかもしれません。 観てる時は作品としては☆☆☆って感じでしたが、 今、こうしてレビューを書きながら、 でも、もう一回見てもいいかなって思ったので、 星4つにしときます。

閲覧数1,306