ナショナル・シアター・ライヴ2014/ザ・オーディエンス
4.2

/ 10

40%
50%
0%
10%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

かっこいい25.0%コミカル25.0%楽しい25.0%切ない25.0%

  • gre********

    5.0

    気配まで

    ヘレン・ミレンのエリザベスが素晴らしい。 演じること複数回、今では英国女王役といえば彼女を思い浮かべてしまう。 その彼女と対峙する役者も、個々の色が際だつ佇まいで申し分ない。 少女の頃や女王としての日々、ユーモアをちりばめつつ人の世の刹那、儚い部分も描いてみせる演出も素敵だ。 何がここまで自分に響くのか。 上手く現せずもどかしい。 何度でも「謁見」に伺いたくなる。

  • sta********

    4.0

    女王と首相

    オーディエンスとはイギリス君主が首相と会って情勢についての報告を受ける定期会見のことだそうです。 ヘレンミレンがエリザベス女王にしか見えなくて本当にうまい。 少女の頃から将来の女王として育てられたプレッシャーとプライドを表す佇まい、その下に見え隠れする茶目っ気のある素顔。 見せかけだけの俗物には辛辣だけれど、労働者階級出身者でも意気投合して友情を育むことも。 そして時系列バラバラに登場する歴代首相たち。 これはイギリスの戦後史の話でもあるのです。 ゆえに、イギリスの歴代首相について知識があればより楽しめると思います。 人柄とか業績とか癖とかエピソードを知っているとクスッと笑えるシーンが多々あるとお見受けしました。 サッチャーさん、メージャーさんあたりは何となく分かりますが、あとはあまり… ただ驚いたのはブレアさんの不人気ぶり。 ネタにすらしたくないという雰囲気があるのかしら? 基本的に女王と首相が向き合って話をするだけ、それもイギリス国内の内輪受けな会話が多いのですが、イギリス的なユーモアが好きなら十分楽しめます。 三谷幸喜が舞台を日本にして作ったら、、、やっぱり無理ですかね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ナショナル・シアター・ライヴ2014/ザ・オーディエンス

原題
NATIONAL THEATRE LIVE: THE AUDIENCE

上映時間
-

製作国
イギリス

製作年度

公開日
-

ジャンル