2014年11月8日公開

花宵道中

R15+1022014年11月8日公開
花宵道中
2.9

/ 344

9%
20%
34%
26%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(70件)


  • cre********

    3.0

    以外に評価低い 当方3.6点

    他愛のない単純なストーリーで安達祐美を堪能できます。 それなりに楽しめると思いますが。 彼女のヌードは貧乳の部類で当方の好みです。 グラビアモデルのようなタイプは好きではないので。

  • tam********

    2.0

    一点だけリアル

    安達祐実という人材が、官能世界の演出にふさわしいか否かは既出のレビューたちと意見は変わらないため省きます。 ただ、一点のみ感心した部分があります。 安達祐実の体型です。これはかなり当時の日本人のサイズ感に近く、現存する写真を見るかぎり実際の花魁もこのようなサイズ、プロポーションだったと思われます。 また、脇役の方々も良い意味で素人っぽさがありビジュアル面で非常にリアルです。 下手に演技せず自然体の魅力を出してくれればかなり良かったのに、全てに演出っぽさが漂ってて惜しいです… いかにも演技っぽいのはまだよいとしても、セットが安っぽすぎて(特に店構え)日光江戸村に見えてしまうのも残念です…

  • ras********

    1.0

    ネタバレ酷い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ymm********

    4.0

    何回観ても泣く。

    何回観ても儚くて切なくて涙が出ます。 花魁の過酷な生活、そんな中ではじめて出会った間夫。 生きてることに何も価値が見出せなかった朝霧にとって命より大切だっただろう間夫が死刑になったと聞かされたときの絶望を思うと涙が止まらなくなる。 最後に下駄をもってきてもらうシーンが客観的に流れて、幸せそうな笑顔。

  • 歴史大好きな21歳です。

    5.0

    これを見ずして花魁は理解できない。

    他の人が散々好き放題言っているけれど、そんなのはあてにしないで!自分で見て感じて!って言いたくなるくらい花魁の生き様を描き、切なく、儚く美しい物語だった。性描写が多いのは当たり前です、何故なら花魁の物語だから。それをAVだと思ったのなら、貴方の捉え方が足りないのです。もっと、主人公の朝霧の気持ちを汲み取るべきです。吉原で育ち、生きるために身体を売っているんです。逃げ出すことも出来ず、自由も許されず。そこに、ようやく心惹かれる相手ができたの!自分のことをただの商品だと思っている男とは違う、本当の自分を見てくれる相手。その人のために美しく咲き、最後は儚く散っていく。これは、そういう生き様を描いた物語なの。性描写があることによって、花魁の痛々しさや、惨めさがよりリアルに伝えられる。“抱く”と言うことは、どういう意味をもつのか、深く考えさせられると思います。それがわからないのなら、もう一度みて!!!

  • oir********

    3.0

    期待せず視聴も意外に切ない花魁抒情劇成立

    さてどうしたものかと随分迷った作品。 当時は安達祐実ヌードが話題だったと記憶。しかし静止写真ではさほどの魅力も感じず、今回視聴前に一番やってはいけない行為、他者レビューを参考にしたところストーリー的にも肯定的意見がちらほらあったことから視聴開始。 結果はそこそこしんみりとした余韻が残るストーリー。そしてほとんど期待しなかった彼女のヌードが結構きれいだったのでオッと小さな驚き。上気すると花が咲くというあざとい肌の花メイクも不思議にマッチし、相乗的に「綺麗」だったと素直に思う。 ラストは悲しいと言えばそうなのだけど、妹分が語った言葉のおかげでこちらも明るく見終えることが出来てしまったという感じ。 本当は過酷な花魁の世界を非現実が過ぎないように少しだけファンタジックに整えた世界観は成功と言えそう。 総評三ツ星 1.3倍速でサクサク視聴したのが良かったのかも

  • ししゃも

    3.0

    あんまり期待してなかったんだけど

    結構引き込ませられました… 安達祐実が色っぽくないだのなんだの皆さん言っていますが、十分色っぽいですよ…大人じゃなきゃ出ない色気でしょうねぇ 内容はよくある吉原ものです。 なのでストーリー、結構読めちゃいますよね… 吉原ものでハッピーエンドものってないのかなぁ

  • yor********

    4.0

    同情するなら、愛を、来れ。

    えええ、そんなぁ、、、そこ迄、やらなくても、良いよぉ〜。 っと、思うで、あろう画面が、幾つか、有る、、、w

  • mam********

    1.0

    全然だめ

    安達祐実頑張ったけど、原作の儚さが全く無い。 それに、内容わかりにくいし。

  • P-man

    4.0

    安達祐実は頑張った

    子役からスタートして、ロリ顔と言っても結婚、出産、離婚を経験しているんだもの。頑張ったよ祐実ちゃん。 バストも露出しての濡れ場は良いよ。ただ、興奮すると肌に花が咲くってのがね。ワンポイントならいいのだけれどあんなに一杯だと何かの病気みたいに見えてくる。

  • ijs********

    4.0

    ネタバレ安達祐実がとても良い。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • drm********

    2.0

    痛々しい

    そもそもなんで安達さんにこの役をやらせたのか… 決して安達さんが悪いわけではないのだけれど、 既に最初から首筋をはじめ、筋張っていて見ていて痛々しい。 高岡さんの色気が全く出ず、先輩の貫禄も見えない。 これはそこを気にせず撮ってしまったスタッフに責任があるのでは?と思う。 ラブシーンももう少し妖艶に撮る方法を考えて欲しかった。 これならば安達さんがただ脱いだだけという事象しか残らんでしょ。 後輩の存在ももう少しうまく使ってほしかった。

  • ayu********

    2.0

    可愛すぎて

    皆さん書いてあるように 七五三にしか見えない。 ロリコンに見えちゃってキツい。 女郎の身を憂いてるのに 憧れが花魁道中って虚しいな。 目を凛とさせて 七五三やってる滑稽さたるや。 インディアンがネイティブアメリカンって呼ばれた始めたときに インディアンの名を奪うなってゆう話を思い出した。

  • ras********

    3.0

    安達祐実頼りの映画

    GyaOから観ました。 感想をひとことで言うならこのレビューのタイトル通りでしょう。 先の展開読めるような在り来りな映画でした。が、安達祐実の表情というか演技というか彼女の緊迫感にラスト30分、なぜか涙してしまいました。 観た時間と精神状態かも。 ただ、R15+な割には濡れ場多すぎでは? 目を覆いたくなる場面もいくつかありました。もう少しサラッと流して欲しかったです。 もう少し、恋と男と世の中を知ってからもう1回観たいと感じる映画でした。

  • bpp********

    2.0

    安っすい恋愛AV

    在り来たりな心中物。ドラマ仕立ての古いAVのように無駄な抑揚の無いドラマ。最後の15分位は只のAVが流れるだけです。そして余韻もセンスも無いエンディングシーン。 衣装担当と安達祐実が報われません。

  • wil********

    2.0

    GEAOで拝見

    歴史的なものが好きなので吉原が舞台のものがどんな風に描かれているのだろう?と思い観ました。 良かったと思ったのは舞台の小物や衣装がこだわっており、流れてくる映像がとても綺麗だったところです。 また主演の安達祐美さんの所作が自然体な感じですが丁寧で、姉さんと呼ばれるに相応しい全体的に凛とした雰囲気を醸し出していたところでしょうか。主人公の朝霧のイメージにもそんなに遠くなくて良かったかなと思います。 津田寛治さんや不破万作さんの雰囲気や演技も安定感があり素晴らしかったです。 ただ残念だったのは全体的に少し濡れ場が多すぎかなと思いました。純愛ということならもっとそのようなシーンが見たかったです。 あと主演されている方々の話し方、特にヤツ役の方の話し方や演技が現代っぽく過ぎて浮いていました。半次郎役の方もルックスや声は素敵なのに演技が…少しがっかりしました。 主演の安達祐美さんは文字通り身体をはった演技で良かったですし、全体的にあまりしつこくなくサラッと観られるものだと思います。 が、時代物なのにほかの主演者さんの方々の演技が現代っぽくてあまり深みを感じられなかったので、全体的評価は星2とさせていただきます。

  • ami********

    2.0

    まあまあ

    安達祐実は頑張っていた。映像もきれいでした。 でも何だか安っぽい。脚本のせいなのか、何なのか。もう少し上手な人が脇役につくと違うかなあと思った。

  • yj_********

    3.0

    激しさはない

    タイトルと予告編、話題になったので、どんなに激しい映画だろう?と思っていたけど 綺麗で美しく、物悲しい雰囲気の映画だった。 安達祐実が童顔過ぎるという評価も見たけど、所作や表情などで「姉さん」な感じがうまく出てたと思う。 何にせよ、濡れ場があるけどその他がだいぶ静か。(主人公が半次郎との恋以外淡々としてる性格だからかな?) 花魁、女郎の映画ってもっと激しいのを想像してしまったからそう思うのかな? ただ、その淡々とした主人公だから、激情や悲しさ、切なさがちゃんと描かれてなかったような気がする。 相手の男も静かめなので… なので切ない話なのに、キュンとしたり胸がしめつけられたり〜みたいな感動がなかったな。惜しい気がする。

  • taj********

    5.0

    ネタバレ切なく美しい日本史

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sek********

    2.0

    安達祐実はなぜこの仕事を受けたのか?

    旬も通り越した女優ではあるが、童顔であるため作中でも若く見える。しかし商売女の役をするのに童顔は必要ないのではないか。 幼女の頃にインスタントラーメンのコマーシャルでデビューし、中学生で家なき子でブレイク、その後も結婚で話題になるなどテレビを賑わせてきた安達祐実。こういう経緯があるので、離婚からのヌードは安達祐実が常に話題の中心にいなければ気が済まないような性格なんじゃないかと悪印象を持ってしまった。 映画の内容は中盤から終盤にかけて濡れ場が多いです。商売女の映画だから仕方ないとはいえ、多すぎるし長すぎる。 小さい頃から知っている安達祐実がこの様な役で出演しているのは残念で仕方ありません…

1 ページ/4 ページ中