2014年7月19日公開

女体銃 ガン・ウーマン

GUN WOMAN

R18+862014年7月19日公開
女体銃 ガン・ウーマン
3.9

/ 38

34%
34%
21%
5%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

大財閥の御曹司である浜崎に妻を殺害され、そのリベンジを胸に生きている男マスターマインド。その思いを果たすべく、彼はマユミ(亜紗美)という女を暗殺者へと育て上げることを決意する。マスターマインドのもとでハードな射撃と格闘術のトレーニングを積み、ついに彼が理想とする暗殺者となったマユミ。陸の孤島とでもいうべき「The Room」なる場所で異常な快楽にふけっている浜崎を亡き者にしようと、マユミは自身の体内に銃を埋め込んで潜入するが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(13件)

恐怖15.4%かっこいい13.5%セクシー9.6%勇敢9.6%切ない9.6%

  • wow********

    5.0

    B級の秀作

    このような作品に触れると、 んー、やはりよい映画はお金をかけなくても作れるんだなぁ と、とてもうれしくなりました。 かっこいい作品です。

  • mku********

    5.0

    最高中の最高です!

    緊迫感、緊張感、肉感、全てがサイコーの血まみれガン・アクション。亜紗美の体当たり演技も、鎌田さんのイカれた演技もなにもかも素晴らしい。

  • car********

    5.0

    根底に流れる高い品性

    まず強烈なポスターに、随分前から求めていたはずなのに とっくに忘れてしまっていた”こんな映画が見たい”という欲求の ”こんな”が現れていたのでワクワクして見ました。 見てはいけないものを見てしまった感じ。 でも見たことを自慢したい感じ。見たことで大人になった感じ。 子どもの時にいけない映画を見た感覚を見事に蘇られてもらいました。 復讐の鬼、欲望の鬼、生への欲求の鬼。 3人の鬼がそれぞれの純粋さを惜しみなくぶつけあう90分。 血まみれになるのは必然。 そこに監督の品性なのか、とても崇高な光を感じます。 女性への讃歌を込めたと監督がコメントしていましたが、 それが光なのかもしれません。 こっそり見て、好きな人にだけ紹介したくなるような怪作です。

  • ghu********

    4.0

    ネタバレおすすめはタランティーノファン

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hoo********

    4.0

    ネタバレ鬼気迫るとはこういうことか

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
女体銃 ガン・ウーマン

原題
GUN WOMAN

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル