レビュー一覧に戻る
ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング

ソロビッチ

2.0

演技力だけでワクワクしない。41点

「教会はビッグバン派だ」ホイル 「なぜ?」 「ビッグバン以前に何もないなら宇宙も時間も物質もない。全てが無なら都合いい人物がいるだろう。全能の神だよ。宗教と科学は敵対している。カトリシズムの言うとおりなら地球は平らで地獄は地中。天国は月の左横だ。今は1963年だ。神はとうに死んでる。ビッグバンなど忘れることだ」ホイル 「僕の批判と何の関係が?」 「進みたい道に障害があったり邪魔される気持ちは分かる。だから教授になった。私は学生の意見に反対でも研究を止めたりしない。絶対に。他人の批判に才能を使うな。自分の研究をしなさい。独創的な研究を」 カンバーバッチの演技は見事だがイマイチ解りにくい撮影。 ストーリーもキャラもドラマチックじゃない。 彼女もおっかけというかストーカーとかいうくらい唐突だし運命的じゃない。才能に群がってるだけ。しかも年増。もっと他にいるだろ女優。 とにかくカンバーバッチの演技が売りみたいな映画。 少なくとも僕達視聴者をワクワクするような宇宙の世界に連れていってはくれません。学者達で話してるだけ。 ラブシーンないです。 41点

閲覧数888