ここから本文です

上映中

この世界の片隅に (2016)

IN THIS CORNER OF THE WORLD

監督
片渕須直
  • みたいムービー 3,531
  • みたログ 3.3万

3.91 / 評価:29426件

何だか感情の深いところに残る作品でした

  • yan***** さん
  • 2019年10月26日 16時40分
  • 閲覧数 1382
  • 役立ち度 11
    • 総合評価
    • ★★★★★

戦時中の普通の人々の暮らしを素朴に描いた作品でした。と言っても実際に体験したことはないので、これが一般市民の普通の日常だったのだろうなという想像ではありますが...。
以前、「日本のいちばん長い日」を見ましたが、あれは戦争を実際に回している側にいる人々が如何に戦争を終わらせようと尽力したか、それら人々の生き様でした。戦争を知らない身としては、戦争というとどうしてもそういった戦争の表舞台、もしくは戦闘機や戦艦等戦う道具にばかり目がいってしまいがちですが、一方でこの国の圧倒的大半の人々はそんな中でも普通の暮らしを送っていた。今まであまりそのことに思い至すことはありませんでしたが、この作品を通じて戦争のまた違った側面が見れた気がしました。
玉音放送の後、すずさんが敗戦の現実を非常に悔しがっているシーンがありました。「日本のいちばん長い日」で、軍人の一部が敗戦を認めようとせずに最後まであがくシーンがありましたが、ふとあの事が思い起こされました。軍人さんにはそういった思いをする人がいたであろうことはどことなく想像できることですが、一般市民の中にも、必ずしも戦争が終わって良かった、良かったという人たちだけではなかったのかもしれない、様々な境遇に置かれた色々な立場の人たちの思いというのは、そう単純に整理できる簡単なものではなかったということなのかもしれないと、今まで考えたこともなかったようなことを考える機会が得られました。戦争というのはそれを知らない者がどうこう気軽に語れるものではないんだということにも改めて感じ入った次第です。
本編中よりもエンドロールが終わった後に涙が止まらなくなりました。
何だか感情の深いところに残る作品。見て良かったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ