2014年9月27日公開

マザー

842014年9月27日公開
マザー
2.1

/ 85

2%
6%
27%
31%
34%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

数々のヒット作、名作を放ってきた漫画家・楳図かずお(片岡愛之助)のもとに、ある出版社から彼の半生を記した書籍の企画が舞い込んでくる。その担当編集者となって取材を重ねる若草さくら(舞羽美海)は、楳図の創作の原点が亡くなった母親イチエ(真行寺君枝)にあることを知る。やがて、別荘の窓に残された謎の手の跡、タクシーの隣席に存在しないはずの人影、楳図の周りに漂う紫煙、イチエの葬式の参列者の写真に写る彼女自身の姿と、調査を進める彼女と楳図の周囲で恐ろしい現象が頻発する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(26件)

恐怖21.5%不気味18.5%不思議13.8%悲しい7.7%パニック7.7%

  • Coco

    2.0

    片岡愛之助...

    片岡愛之助の演技が下手すぎて映画に入り込めませんでした。残念です!

  • ZZZ

    4.0

    案外、面白かった。

    漫画家楳図かずお先生の初監督作。ご本人を主人公にした自伝的(?)ホラー映画。 楳図かずおの生い立ちを出版するという話が持ちかけられる。その取材という形で、楳図先生の母親にまつわる謎を解き明かしていくというもの。どこまで実話で、どこから創作なのかはよく分からない。 初監督作品ながら、映画自体の創りは良かったと思う。元々、漫画も映画も似通ったところがあるので、当たり前と言えば当たり前だが。 世間の評判が芳しくないので、初めから期待しないで観た。が、案外面白かった。 確かに、所謂、Jホラーという範疇で考えると、話としては破綻していると言っても過言ではないと思う。が、もっと、視線を下げてみると、これはこれでありだと思う。 一言で言うと、子供向けの怪談映画。既作の映画で言うと、「学校の怪談」など。ああいう少しファンタジックな要素の含んだホラー映画だと思って良いと思う。 本来は少年向けの漫画を描いている作家さんであるから、そういう内容になって至極当然の様にも思う。 90分にも満たない比較的時間の短い映画。描写不足な点もあると思うが、逆に冗長的にならずテンポよく進むので飽きずに観れる。 「学校の怪談」等の映画が好きな方は面白く観れるのではないかと思う。

  • ang********

    2.0

    ネタバレま、負けました・・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jir********

    2.0

    楳図先生の演技力ww

    楳図先生の地元の知り合いを電話口での声だけの出演だが楳図先生本人が演じているのだが、そこで爆笑してしまった。 「死んだお母さん がこなかったかって、来たよぉぉ、 本当にきたぁぁああぁぁ」 声が不安定に震えてて、なんじゃこりゃ(笑) 流石楳図先生! 作品自体は先生の漫画の百分の一くらいの面白さだった。 でも、なんにでもチャレンジする先生の姿勢は本当大好き

  • dog********

    1.0

    ホラーではなくギャグなのか?

    まず、話がなんだか?でちんぷんかんぷん。話も音楽も怖くない。怖くないどころか「これはギャグなの?」って思う所が度々。(お母さんが猛スピードで走る所とか) 楳図先生好きだけど、映画はやっちゃダメですね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
マザー

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル