ここから本文です

マエストロ! (2015)

監督
小林聖太郎
  • みたいムービー 208
  • みたログ 1,063

3.45 / 評価:918件

クラシックの素晴らしさを実感できる作品★

  • のんのん さん
  • 2015年2月10日 23時35分
  • 閲覧数 1528
  • 役立ち度 80
    • 総合評価
    • ★★★★★

予告の、何だか
ふざけた感じが、
くだらなそうな感じで、
鑑賞するのを、迷った
本作だが、評価が良いので、
試しに、鑑賞する事に。。。。



若手コンサートマスターの、香坂<松坂桃李>の元に、
解散したオーケストラの、再結成の話が、舞い込む。

しかし、練習場は、廃工場で、集まったのは、
再就職も決まらない、楽団員達と、アマチュアフルート奏者の、
あまね<miwa>。そこに、謎の指揮者天道<西田敏行>が、現れる。

天道の破天荒な指揮と、無茶苦茶な、練習のやり方に、
楽団員は、猛反発するが、だんだん演奏が上達していき、
しだいに、天道のやり方を、認めていく。。。。。。



原作は、さそうあきらさんの、同名コミック。


自分は、専攻はピアノで、音大出身なので、
クラシックを、題材にした作品は、大いに関心があるのだが、
いつも、作中のキャストの演奏演技に、白けてしまうので、
あまり、鑑賞する事はない。


でも、本作は、細かい点までいえば、多少あるけれど、
今まで観た、クラシック関連の作品と比べてみても、
キャストの演奏演技が、とても、しっかりしていると思う。


実際の音は、プロのオーケストラの演奏で、クライマックスのシーンは、
佐渡裕さん指揮の、ベルリン、ドイツ交響楽団が、演奏しているが、
手などの動きに関しては、一切吹き替えなしで、やっている。



松坂桃李さんは、一年前から、ヴァイオリンの特訓をして、
西田敏行さんも、佐渡裕さんの指揮指導を受けて、猛特訓されたそうだ。

撮影現場では、待ち時間も休まず、キャストみなさん、
楽器の練習をしていたという事だ。



他の方もレビューで書かれているが、特に駅のホームで演奏する、
大石吾朗さんの、ヴァイオリンの演奏演技は、弓の使い方とか、
とてもしっかりしたもので、驚いたし、感心した!


そういうキャストの方々の、作品に対する、熱意、本気度が、
観ていて、すごく感じられたし、伝わってきた。



「世の中で、一番美しいものは、音楽」

「誰かと響き合うことができれば、音楽は永遠になる」

ひとつひとつの言葉が、心に響いてくる。



演奏は、テクニックだけではなくて、ハートが大切。
演奏という事の、根底を、改めて考えさせられた。


指揮者と、オーケストラの関係、
コンサートマスターの、責任の重さ、大変さ、
楽団員に弱みを見せられない、指揮者の辛さ、



下ネタまじりだけど、コミカルで、笑えるシーンが多い。

一方で、胸に迫るシーンもあり、周りでは泣いている人も多かった。
自分も、胸にグッと来て、涙がこぼれた。



西田敏行さんは、圧倒的な存在感で、ユーモラスで、迫力があり、
難しい指揮者の演技を、大熱演していて、素晴らしい!!


松坂桃李さんは、真面目で、真っ直ぐな感じが、役柄にあっていて良い!
ヴァイオリンの演奏演技も、すごく頑張っていたと思う。

miwaさんは、初々しくて、天真爛漫な感じで、
存在が、作品を、明るくしていた。

その他、キャストみなさん、味のある演技で良かった!


ベートーベンの「運命」、シューベルトの「未完成」
この有名な2曲は、クラシックに、あまり関心がない人でも、
とっつきやすい曲なので、この曲を選んで、曲の解説を、
素人の人にも、わかりやすく説明している所も、良かった。


<クラシック=難しくてわからない、退屈で眠くなる>みたいな、
イメージがあるようで、昨今はクラシック離れが、
特に、若い世代で、顕著だ。
クラシック売り場も、閉鎖されたり、他のジャンルに比べて、
CDとかも、少ししか置いていない所が多くて、悲しくなる。


本作で描かれているように、オーケストラの運営も大変で、
音大を出ても、職がなかったり、その実情は厳しいものがある。


本作を観て、今までクラシックに興味がなかった人達が、
クラシックに、少しでも、関心を持ってもらえたら、嬉しい。


エンディングの、辻井伸行さんのピアノ曲も、良い♪


硬すぎず、くだけすぎず、作品のバランスも良かった!



ピアノの演奏は、ある意味、一人の孤独な戦いだけど、
オーケストラは、音楽を、みんなで作りあげていくという所は、
本当に、素晴らしいと思うし、羨ましいですね。


笑いあり、涙ありのストーリーに、最後まで飽きることなく、
クラシックが専門の自分も、楽しめました!


観終わって、温かな気持ちになり、

清々しい、余韻の残る、良い作品です★

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 絶望的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ