ここから本文です

イン・ザ・ヒーロー (2014)

監督
武正晴
  • みたいムービー 338
  • みたログ 1,251

3.38 / 評価:987件

公開が少し遅かったな

  • torasizou さん
  • 2014年9月7日 21時47分
  • 閲覧数 929
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

面白い映画です。
それは認めます。

でも、公開が1年、いや半年遅かった。今年初めに観ていたら、文句なく☆4つ以上を付けたでしょう。

でも『太秦ライムライト』を観たら、どうしても比較してしまいます。同じような内容で、ほぼ似通った時期に公開されたら、比較するなというのがむりです。
あちらの主役は「5万回斬られた男」の福本清三さんです。いくら、唐沢寿明や寺島進がヒーロー物の経験があっても、格が違い過ぎます。

似たようなシーンもいくつかあります。
『イン・ザ・ヒーロー』では小道具係がアイドルタレントに文句を言う。『太秦ライムライト』では、大部屋俳優をバカにしたぽっと出監督に福本清三が黙って詰め寄る。その気迫に押された監督は腹いせに福本清三を干してしまう。
それでも毎日のように撮影所に通い、そして黙って殺陣の練習を続ける。

「アクションをなめるな」唐沢寿明の劇中のセリフです。最後の大立ち回りを観ていると「チャンバラをなめるな」と言いたくなりました。

両作品とも松方弘樹さんが出演されています。
今回は「たまには斬られる役もやってみたかった」と言った。
『太秦ライムライト』では「また斬らせてもらうよ」と言う。
脚本通りのセリフを言っただけなのか、心から思ったことを言ったのか、どちらが重みのある言葉なのか一目瞭然です。

レビューに他の映画のことを書くなんて反則かもしれないけど、どうしても比較せざるを得ませんでした。

もし『イン・ザ・ヒーロー』を観た後に、『太秦ライムライト』を観る機会があればご覧になってください。本当に映像を愛する者の心意気が伝わりますよ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ