ここから本文です

映画 はだかのくすりゆび (2014)

監督
山口雄也
  • みたいムービー 10
  • みたログ 12

2.20 / 評価:5件

解説

『花と蛇 ZERO』などの濱田のり子が主演を務め、艶々原作の人気コミックを映画化した禁断のエロチックドラマ。貞淑な人妻が娘の見合い相手と抜き差しならない関係に陥り、愛欲に溺れていく姿をじっくりと映し出す。『図書館戦争』などの夛留見啓助が年下の相手役を務め、『ごくつまの恋』などの七海ななが娘を好演。原作者が得意とする丁寧な熟女の描写はもとより、妖艶かつ大胆に描写される濡れ場シーンに引き込まれる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

これといった変化のない日々を過ごす翠(濱田のり子)は、全てに無関心な夫と暮らしているうちに自分の魅力が失われていくのを感じていた。ある日、娘のマヤ(七海なな)と見合いの相手である松下(夛留見啓助)と体を重ねてしまう。この日をきっかけに二人は不倫関係を続けていき……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ