2014年6月28日公開

マダム・イン・ニューヨーク

ENGLISH VINGLISH

1342014年6月28日公開
マダム・イン・ニューヨーク
4.3

/ 1,118

48%
37%
11%
2%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ビジネスマンの夫、2人の子供のために日々家事をこなす専業主婦シャシ(シュリーデヴィ)は、家族の中で唯一英語ができないことが悩みだった。ある日親戚の結婚式の手伝いを頼まれ単身渡米するも、英語が話せないためつらい思いをする。そんな時「4週間で英語が話せる」という英会話学校の広告を見つけた彼女は、身内に黙って学校に通い始めるが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(200件)

楽しい19.0%泣ける13.6%笑える12.7%かわいい11.4%ロマンチック6.7%

  • pop********

    5.0

    ネタバレ観て良かったと思える映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sta********

    3.0

    ネタバレ穏やかでいい気分になれる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kat********

    4.0

    インド映画ですが、普通に楽しめました。

    ガウリ・シンデー監督。 と、言うインドの方です。 主演は、シュリデヴィ(当時49歳)と言うインドの女優さん。 つまり映画そのものがインド映画でした。 作品としては、舞台のほとんどがニューヨークと言う事もありますがインド映画っぽくなく普通に観れます。 英語が苦手な主婦が、親族の結婚式出席の為ニューヨークへ赴いたのをキッカケに英会話を習得しようと奮闘する話し。 さしたる事件も起きずどって事ないストーリーですが退屈ではありませんでした。 この映画のジャンルは何になるんだろ? ヒューマンドラマ系ってヤツなんですかね? 家族で観るにはチョット刺激が足らんかなぁ~ 大人な男女なら楽しめると思います。

  • kaz********

    4.0

    舞台はニューヨーク。登場人物のお国柄出てておもしろかった。

    この映画のあらすじは、ザクッというと、インドの上流階級のマダムが英語があんまりなのにニューヨークに用事で単身乗り込み、英会話教室に行く話である。   さて、ここからは感想。 あのフランス男。気持ち悪い。でもこういう奴がいるからこそ映画が引き立つ。へんな困った展開にならないところがさすがメイドインインディア。 先生。陽気なところがよかった。これくらいじゃないとつとまらんね。ゲイくらいアメリカでは全然珍しくない。 インドの若い男の子。IT関係で頭は良さそうだが、マダムが作って持ってきた郷里の料理をプレゼントされた時のあの嬉しそうな顔。可愛かった。うぶ。 パキスタン男。何言ってるのか英語よくわからん。でもマダムとは意思疎通出来てた。もともとは一緒の国。この映画は彼について何か我々にメッセージあったんでしょうね。 アフリカ系の男の子。ゆっくりだがちゃんと英語しゃべってた。 メキシコ人のおばちゃん。東洋系の若い女。このお二人については印象なし。 と、ここまであるインド人からみた外人のイメージなのか等々考えるとおもしろかった。 そしてよかったのは、マダムのスピーチ。 もう一つ付け足しで姪の応援。 どうでもよかったのは、旦那、娘、息子。インド上流階級における見えない問題点なのでしょう。 上から目線、見下す、等々の言葉とは全く関係ない語学学校の生徒たち同志。学校の楽しさが伝わってきて、懐かしさ感じた。

  • ぽんた

    5.0

    もやもや主婦は見ても損なし

    私は文句なく見て良かったと思うし、考えさせられる映画だと思うけど。 夫が見たらどうだろうか。漫然としたつまらない映画だと思うかもしれない。 彼には、思うところがないから。 生きてきた人生の軌跡や感受性が問われる映画かもしれない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
マダム・イン・ニューヨーク

原題
ENGLISH VINGLISH

上映時間

製作国
インド

製作年度

公開日