レビュー一覧に戻る
マダム・イン・ニューヨーク
2014年6月28日公開

マダム・イン・ニューヨーク

ENGLISH VINGLISH

1342014年6月28日公開

sta********

3.0

ネタバレ穏やかでいい気分になれる

苦手なことを克服する話はとてもポジティブになれるので良かった。 ただ、NYにいったシャシは行動的ではあるが、ナヨナヨとおとなしすぎるのがちょっと気になる。カフェを出て涙する姿にはもらい泣きをしてしまったけど。 英語学校のフランス人、何をしに来てるんだ!アプローチがしつこくてちょっと気持ち悪さを感じてしまった・・。 午前中にお菓子を作って卒業テストに行こうとした矢先のアクシデント、静かにお菓子を作り直すシャシ、胸が痛い。 姪の機転でクラスメイトも参加の結婚式でハッピーエンド。 姪はいつもいい働きをして好き。「彼はふったのね」とどちらでもない公平な立ち位置。 飛行機でヒンドゥー語の新聞はないかとなめらかに尋ねるシャシ。 シャシは別にアメリカや英語に憧れていたわけではない。ただ自信と尊敬を求めていた。 英語が苦手でもそれを引け目に思わず、お菓子作りだけが得意と言われても卑屈に思わない、ありのままの自分を受け入れて自信を得たシーンと解釈した。シャシの静かな行動力と勇気に、夫と娘はきっと態度を改めるのだろう、という未来も感じた。 サリーの衣装がNYに溶けこめるのが驚きで、とても美しくておしゃれに見えた。 美しい女優さんがもう亡くなられていたとはショックだった。

閲覧数262