2014年7月18日公開

複製された男

ENEMY

R15+902014年7月18日公開
複製された男
2.8

/ 827

7%
17%
40%
22%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

何も刺激のない日々に空虚なものを感じている、大学で歴史を教えているアダム・ベル(ジェイク・ギレンホール)。ある日、何げなく映画のDVDを観ていた彼は、劇中に出てくる俳優が自分自身とうり二つであることに驚く。彼がアンソニー・クレア(ジェイク・ギレンホール)という名だと知ったアダムは、さまざまな手を尽くして彼との面会を果たす。顔の作りのみならず、ひげの生やし方や胸にある傷痕までもが同じであることに戦慄(せんりつ)する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(188件)

不思議24.3%不気味24.0%セクシー8.4%恐怖8.4%絶望的7.2%

  • zas********

    2.0

    評論家の解説読んで

    少しだけ理解できた気がする。 教員仲間が映画を示唆するのも「あんたにそっくりだけど」ってもの問いたげなふうで、深くは聞けない過去を持ってるのかって考えられる。 最初の秘密クラブからして異常な性癖の持ち主と知れるわけだが、ここで二重人格まで発想がとばないから作品への理解が難しくなる。 マンションの管理人の話や母親の意味深なセリフや半分に破られた写真などは2度目の鑑賞でようやく理解できた次第。 街を覆う蜘蛛が出た時はSFかと思ったけど、心理的なものを表してたのね。 ラストの蜘蛛はようわからん。 難しい作品だね。 それにしても事故った車のフロントガラスのヒビが蜘蛛の巣状ってスゴい匂わせですこと。

  • 母里友信

    1.0

    邦題に問題有り。

    意味がわからん。けどラストまでは見れる。

  • a1b********

    3.0

    意味不明

    ラストで一気に意味わかんなくなった! 難解にも程があるだろう ラストいらない、あのまま終わってたほうがよかった

  • yam********

    2.0

    おしい映画

    コンセプトは面白いです。 ただ映画としての見せ方を 間違えたのかなと思います。 やはり映画なので最低限の 情報や視覚的要素はいります。 この映画はあまりに視聴者に それを委ねすぎています。 結果「意味わからん映画」「難しい映画」 としてしか印象に残らない。 あとこの邦題は最悪です。 映画の原題はEnemy 原作はThe Double ですが「複製された男」は 変な先入観を与えるし 結果全く見当違いなタイトルです。

  • sla********

    3.0

    評価がムズカシイ

    途中まで見ていて言われてるよりも分かりやすい部類の 映画だと思っていた、ラストを見るまでは・・ とはいえ 女優が2人とも美人だったので満足

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
複製された男

原題
ENEMY

上映時間

製作国
カナダ/スペイン

製作年度

公開日