ここから本文です

アオハライド (2014)

監督
三木孝浩
  • みたいムービー 193
  • みたログ 2,032

2.55 / 評価:1823件

三木監督作品の心地よさ

  • mpv***** さん
  • 2015年1月25日 10時35分
  • 閲覧数 1594
  • 役立ち度 13
    • 総合評価
    • ★★★★★

三木監督作品を観ている間のおよそ120分の時間はなんでいつもこんなに心地がいいのだろう。
オープニングのシーンから「あ,そうそう,この感じ」というふうに安心して映画に浸ることが出来ました。原作未読ながらTVアニメは観たのでストーリーはある程度頭にありましたが,新鮮に映画の世界に入れました。

本田翼と東出昌大のキャスティングについて,他の人のレビューはまちまちで,実は私も当初は異議あったのですが,実際に観てみると大正解のキャスティングだったと思いました。演技も良かった。そうでなきゃこんなに泣けないです。
あと,三木監督の映画はいつもロケーションがいいです。今回の富山・長崎ともにいい雰囲気でしたね。それに,三木監督は回想シーンの俳優さんにほんと雰囲気そっくりの子を探してきます。前作の葵わかなさん・北村匠海くんがそうだったように,今回は洸の中学時代の子がそっくりでした。

原作を読んでいる人からすると,映画はどうしても尺が限られるので内容が薄く感じられて不満があるのでしょう,この映画のレビューがあまり高くないのは既読者が多いからなのでしょうね。TVのみ視聴の私は何の不満も感じませんでした。それと東出昌大の年齢の件。客層の大半を占める10代の目から見ると,私や映画製作側の年齢(つまり東出くんより上の年代)からは想像もつかないくらい違和感は大きく映るのかもしれません。そこはスタッフ反省点かも。でも東出くん良かったですよ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ