ここから本文です

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (2015)

ATTACK ON TITAN

監督
樋口真嗣
  • みたいムービー 636
  • みたログ 8,892

2.18 / 評価:10042件

最低のクソ映画

  • mar***** さん
  • 2020年4月3日 17時13分
  • 閲覧数 2709
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

人気No.1漫画を実写化すると聞き、とても楽しみだったにもかかわらず、実際見てみると最低最悪の映画でした。映画製作者に申し訳ないとは思いますが、この作品は原作者、漫画読者に失礼だと思います。第一にまず原作に登場しないキャラクターを登場させていることがおかしい。確かに、実写映画では、原作に登場しないキャラクターを登場させているときや逆に登場させていないときもある。だかしかし、この映画の場合、主要人物を別のキャラクターにし、更には、その謎の新しいキャラクターによって新しい展開が描かれている。もはや別の作品になっている。この映画は進撃の巨人ではなく、進撃の巨人を真似た、別の映画である。話を変えすぎていて、元の話に沿っていない。配役に関しては、エレン、ミカサ、アルミン、ハンジ、サシャ、はちゃんと表されている、しかし、サンナギ、シキシマ、などほかにも、原作でいう、ハンネス、エルヴィンの位置に値する役の人が、架空の人物名で現れている。
また、この作品で最も大事なエレンの母親が食べられるところがカットされているにもかかわらず、エレンと謎の女のイチャつきシーンがある。他にも、シキシマとミカサのイチャつきシーン。アルミンとサシャの良い感じの雰囲気。
この映画はなんの映画でしょうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ