ここから本文です

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (2015)

ATTACK ON TITAN

監督
樋口真嗣
  • みたいムービー 643
  • みたログ 9,034

2.19 / 評価:10173件

この描写いる?

  • zar***** さん
  • 2020年6月8日 0時21分
  • 閲覧数 4129
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

久々に鑑賞して改めてあまりの酷さに今更ながらですがレビューです。
本編冒頭のザコ巨人襲来シーンのパニック描写はなかなか良かったです。ミカサを救えなかった原因が壁が守ってきた一般市民だというのも面白いと感じました。
ですがその後が酷すぎる。巨人は音に反応するという事実を知っているはずの調査兵団が叫ぶわ、ざわつくわでそりゃ襲われるだろ。って感じだし、サンナギっていうオリキャラがザコ巨人を投げ飛ばすギャグシーンは寒すぎてしらける。
その後のシキシマの「どう?カッコイイでしょ?」みたいなシーンいる?特撮ヒーロー作品ならアリかもしれないがこの作品にはいらない!
ザコ巨人に手こずるエレン達の前にシキシマと死んだと思っていたミカサが登場するのにエレンはなぜかボーッと見ているだけ。なぜ?
なんとかザコ巨人達から逃れた後はエレンに冷たい態度を取るミカサ、エレンを煽るシキシマ。そのシキシマに案内されて向かった場所でなぜかピアノを弾いているミカサ。何コレ?
シキシマはミカサを使ってエレンをさらに煽るんだが、リンゴをミカサに食わせる。って何なの?コレ?とにかく疑問が止まらない。
そして怒りと不満が溜まったエレンは嘆き!叫ぶ!…………イヤ!叫んじゃ駄目だろ!そこは自分の手に噛み付いたりとかして痛みで怒りを抑え込んでいるみたいな描写にしてほしかった。
ここまでにいくつかのシーンで怒りや不満を叫んでぶちまけてるから、巨人になって怒りや不満を解放してソレをザコ巨人にぶつけるシーンに説得力がまるでなくて、ただ巨人になって暴れているようにしか見えない。
ただ主題歌や作中の曲は良かったです。良かっただけに残念でもありますが……。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ