2014年6月21日公開

ラストミッション

3 DAYS TO KILL

1172014年6月21日公開
ラストミッション
3.4

/ 827

13%
33%
39%
10%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

余命わずかだと言い渡されたCIAエージェントイーサン(ケヴィン・コスナー)は、残された人生を家族と共に過ごすためパリへと向かう。長い間家庭をおろそかにしてきた彼は、難しい年頃の娘ゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)との仲もぎくしゃくしていた。そんな折、CIAエージェントのヴィヴィ(アンバー・ハード)が、イーサンに最後のミッションのオファーをしに来るが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(153件)

かっこいい18.0%笑える13.2%勇敢12.5%コミカル10.9%楽しい10.4%

  • ike********

    2.0

    二つのコンセプトを一つの映画にして大失敗

    ハードボイドのスパイ映画と、若い娘を持つ父親のファミリーストリーを無理やり組み合わせて大失敗した作品と観た。 主演のケヴィンコスナーであれば、どちらの役もとてもうまくこなすであろうし、それぞれとても面白い作品になったでであろうに、それを無理やり一つにしたため、何とも学芸会的な映画になってしまったようで非常に残念である。 主人公の腕利きスパイやそれの相手である悪役も強そうであるし、そのふたグループの抗争と言うことで、十分面白いスパイアクション映画になったであろうに、そこに、16歳の娘とその恋人や他の登場人物の家族などがいろいろと登場し、全く不自然な映画になってしまった。 一方で、仕事にかまけて家族のことに全く振り向かなかった男が、その妻や娘との葛藤に悩むと言ったこともそれなりのホームドラマとなりえたと思うと、残念である。 全く別々な作品として2作品作ってもらえたら、それぞれ楽しめたと思う。正に、特上の大トロを乗せた握り寿司にチョコレートムースをかけてしまった感じである。

  • むーみん

    1.0

    駄作すぎて、、

    久しぶりにボディガードをみて、期待してみたらハズレすぎた。 アクション?コメディ?どっちつかずでほんとにつまらない。 ケビンコスナーもなぜ、これに出たのかわからない。。。

  • とし

    3.0

    リュック・ベッソン的ケビン・コスナー

    2021年5月10日 映画 #ラストミッション (2014年)鑑賞 脚本が #リュック・ベッソン の作品ってなんとなく分かる #ケビン・コスナー 主演で、監督が #マックG でアメリカ映画なんだけどフランスらしさが漂ってる 96時間とかトランスポーターとかになんとなく似てるし まあ、舞台もパリだからかな

  • tubameuo

    3.0

    サスペンスアクションではない

    スパイ物のサスペンスアクションと思って観たら違うんですね。「96時間」ともかぶるけど、シリアスさは全くない。 結局は家族愛? あっちこっち中途半端な印象も、、、コミカルな部分もあったり、悪役に迫力がなかったり。 アンバー・ハートの存在が意味不明、、 どっちつかずに終わった感。

  • shi********

    4.0

    ケビン・コスナーいいね…。

    やっぱ、ケビン・コスナーいい! なんか渋いんだよなぁ〜。 男から見ても色気がある。 まあ、腹は出てるけど…。 誰が観ても納得出来る内容と出来! さすが!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ラストミッション

原題
3 DAYS TO KILL

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日