ホドロフスキーの サイコマジック・ストーリー
3.0

/ 12

8%
25%
33%
25%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(5件)

不気味28.6%絶望的28.6%悲しい14.3%不思議14.3%切ない14.3%

  • fg9********

    2.0

    不思議で面白いのかと言えば……何も

    …あらすじは解説のとおりと書こうと思ったら空欄で、レビュー数も未だ4件のみだ。 よっぽど人目に付かない作品なのだろう。 …タイトルにあるホドロフスキーとは、『エル・トポ』の監督のアレハンドロ・ホドロフスキーのことを言っているのだろう。 その監督が実際に提唱する心理療法の教えに触発されて、イタリアの監督が撮った作品らしい。 内容は、恋に落ちた女性がやがては妊娠するものの、男から中絶を余儀なくさせられて精神に異常を来すようになり、故郷の叔母の世話になりながら精神の平穏を取り戻すストーリーかと思ったら違ってた。 この叔母さん、本当に人の良さそうな叔母さんだったが、その精神療法は奇妙奇天烈(これがホドロフスキーの提唱する心理療法?)。 物語の後半はシュールと言えば聞こえはいいが、幻想と怪奇が入り乱れ、傲慢不遜の旦那のほうがマトモに思えてくる不思議な作品だった。  不思議で面白いのかと言えば……何も面白くなかった。

  • mas********

    4.0

    魔術的思考

    分裂病型人格障害にみられる「魔術的思考」の世界を的確に表現している。 この患者は、世界を隠喩と象徴の体系として理解する。 論理(男)は彼女にとって暴力でしかない。 女が魔術の世界に行ってしまったら、男にできることは何もないし、むしろ何もしない方が良い。 とりわけ、その幻想が性や出産にまつわる場合には。 陰鬱な映画だが、リアの幻想に現れる「ピクシー」の2人は非常に微笑ましく美しい。

  • 黄昏の息子

    4.0

    ネタバレ心の持つ力

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いやよセブン

    3.0

    ホドロフスキーって誰?

    主人公の女性は何らかのトラウマを抱え、精神科に通っている。 パートナーは支配欲の強い、下衆野郎だが離れられない。 精神科医の勧めで一人、田舎に住むおばさんの家に行く。 おばさんは近所では魔女と呼ばれ、信奉者も多い。 妖精の幻覚が見え始めるが、おばさんの心理療法で立ち直っていく。 これを邪魔するのが下衆野郎で悲劇が生まれる。 主役の女優はそれほど美人ではないが、雰囲気がある。

  • tar********

    4.0

    ネタバレ映像が美しい

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ホドロフスキーの サイコマジック・ストーリー

原題
RITUAL - A PSYCHOMAGIC STORY

上映時間

製作国
イタリア

製作年度

公開日
-