2014年7月12日公開

南風(なんぷう)

932014年7月12日公開
南風(なんぷう)
3.4

/ 43

21%
28%
30%
14%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

東京の出版社で働く26歳の藍子(黒川芽以)は、恋人を年下の女に略奪された上に、ファッション誌の担当からも外されてしまう。彼女は単発企画取材のため、4日後に台湾のリーユエタンで催されるサイクリングイベントに参加することに。藍子は偶然レンタサイクル店の娘トントン(テレサ・チー)と出会い、ガイドをしたいという彼女の要望を受け入れ、一緒に自転車でリーユエタンを目指す。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(8件)

楽しい27.3%かわいい18.2%コミカル13.6%かっこいい9.1%笑える9.1%

  • da5********

    3.0

    黒川さん……。

    幾種類かの映画チラシで黒川芽以という適度に下品そうで普通っぽいチョイ美人を見つけて、あまりテレビに出てこない人だからきっと映画畑でだけ燃えている立派な志の持ち主なんだろうと期待し、何でもいいから一つ観てみようと、たまたま「南風」。 そしたら、ただの大根役者だった。もうスクリーン上の彼女とは再会したくない。 台湾の女の子の方は、ありえないような整形顔だった。 何だかねえ…………。 男優さんたちは悪くなく、日本ロケ部分もふくめてロードムービーとしてはまずまず楽しめる内容だった。台湾には行ったことないし。自転車、好きだし。日台友好はやっぱりうれしいし。 でも、大根のくせに黒川さんが、監督さんの設定していた28才(だったかな。リアルにイロイロ焦り始める年齢)に文句つけて「自分と同じ年の方が演じやすいから♡」というだけの理由で26才にしてしまったんだよね、確か。 26って、お肌の衰え始めるぎりぎり前ぐらいで、そんなにストレス過剰の年じゃない。だから、主役に感情移入しにくかったよ。 黒川さん、罪深いんじゃないの?

  • sak********

    2.0

    日本人女性の描き方、、、

    台湾が舞台と聞いて見に行きました。 で、がっかり。 風景がそれほど魅力的に描かれている訳ではなく、 何より、日本人女性藍子のキャラクターが。 海角七号のときもそうでだったけど、 なんか、自分勝手でうるさくて、からまわりばっかりしてる という女性像なんですよねえ。 なんでなんだろう。ちっとも魅力的に見えないのです。 ユウが惹かれる気持ちが全く理解できない。 台湾と日本がうまく合わさった素敵な映画が 制作されるよう今後に期待です。

  • dec********

    1.0

    ぬるいわ~

    点数がものすごく高いので、予定変更して鑑賞…が、アラフォーなおっさんには正直キツかった。 台湾語がわからない日本人と、日本語が少ししか理解できない台湾人の旅…という設定に無理があったのでは? お互いの言語で話をするので、上手く意志疎通ができない場面にもどかしさを感じる一方で、何故かバッチリ内容を理解しているシーンもあり、???が頭の中でグルグル。 主役の日本人女性が自然体で、感情表現も豊かで好演しているが、ストーリーには最後まで乗ることはできなかった。

  • mai********

    5.0

    出会いって素晴らしい

    だって、こんな風にお互いを刺激しあえて、支えあえて 同じものを見て、聞いて、話して、感じて… ここでは日本人と台湾人の若者同士だったから ほとんど言葉が通じない中でのカタコトのやり取りも刺激的で お互いに『何を言ってるんだろう?』と感じ取ろうとするからこそ 自転車旅の中で生まれていく思いがあるんだろうし。 見てる側からすれば、字幕が出るのでどちらの言ってる事もわかるので それを聴きながら、言われた側の表情を見比べる楽しさもありますよね。 日本統治時代のあった台湾。 もちろん全員が全員、日本に好意を持ってるかはわかりません。 でも今の日本のカルチャーをトントンのように受け入れてくれてて また、お互いが地震の被害に遭った時に、お互いがどんな風に行動したのかを ちゃんと知っててくれて『家族みたいなもの』だと思っててくれてる事が嬉しく感じます。 そういう意味で、やはり誠意をもって接する事の大切さを実感させてくれる作品でもありました。 上手くいってる時 上手くいかない時 そのときそれぞれにきっと出会いがあって その中で感じること、思う事で自分の何かが良い方向へと変わるのなら こんな素晴らしい事はないと思います。 台湾の美しい景色、街並みと 日本のしまなみ海道の美しさ 2つをスクリーンを見てるだけで感じられて 演者さん達の表情豊かな爽やかな演技の中での感情のゆらめきを見つめられる素敵な作品だと思います。 こんな風に思える、感じられる出会いが自分にもあるとイイなと思いますね。

  • ken********

    5.0

    二人の女性のやりとりが楽しい

    台湾でのサイクルロードムービー。天真爛漫な感じのテレサ・チーと黒川芽衣さんのやりとりが楽しい。 ちょっと世代が違って、言葉もあまり通じない中で微笑ましいな。 台湾の風景も爽やかで、話も爽やかでよかったです。 ここのサイクリングは気持ちよさそうですね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
南風(なんぷう)

上映時間

製作国
日本/台湾

製作年度

公開日

ジャンル