烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS
2.9

/ 67

22%
16%
24%
6%
31%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

宇宙空間に展開するギャラクシーラインを走るサファリレッシャーが、悪の線路シャドーラインを走るクライナーに襲われてしまう。サファリレッシャーの先頭車両はレインボーラインとトッキュウジャーがいる地球に不時着するも、エネルギーが足りないため宇宙に行くためのパワーが出なくなってしまう。トッキュウジャーのライト(志尊淳)は妙案を考えるものの、シャドーラインのナイル伯爵が行く手をはばみ……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(18件)

かっこいい20.3%楽しい17.2%勇敢10.9%ファンタジー10.9%かわいい9.4%

  • qaz********

    3.0

    なぜロボット対決がCG?!

    この前の木曜、GEO国立店でレンタルし鑑賞しました。 こんな物が封切られていたとは知りませんでした。 あの関根が出ていたとは知りませんでした。 内容はいいのですがいかんせん私みたいな中年は着ぐるみのロボットと怪人対決がイメージされますが最近はウルトラマンやスパイダーマンまでCG処理されている映像が多いのか対決もCG処理です。 そこが少し違和感あります。

  • per********

    4.0

    プライムビデオで観ました

    プライムビデオで観ました。今頃。 トッキュウはTVシリーズで観てたんですが、映画版もやっぱり安定の小林靖子先生の脚本で、わかりやすく楽しくまとまってて、良かったです。 現代人はイマジネーションが足りてない、というレディの意見は、大昔からよく言われる「今時の若者はなっとらん」って意見のようなものでしょうかね。 きっかけさえあれば、人の中にあるイマジネーションは引き出されるから大丈夫。 一見現代人は頼りなく見えるかもしれないけど、実は昔と比べて想像力が足りなくなってるわけでもない、ってあたりがテーマなんでしょうか。 ミニスカニーソが眩しいレディがまいんちゃんってのは気づきませんでした。 知らぬ間に大きくなってたんですね。 人が成長するのは早いもんだ…。 レビューの中に、 「同時上映が嫌なら、映画館で見なければいいだけのことだし、DVDが出るまで待てばいいだけのこと。お金払ってまでいやな思いしたくないでしょ?」 「忍耐力のないガキも悪い。連れてくるべきではない。」 なんて言ってる人がいたけど、いやいや、ちびっこがメインターゲットの映画なんだから、現実にちびっこ達が飽きちゃったのは映画全体としては失敗でしょ。 そこ、ちびっこ達や親のせいにしてどうすんの?って感じちゃいました。 現状肯定ばかりして、改善すべき点を否定するようじゃ、それこそ、イマジネーションは未来を変えるって、トッキュウジャーのメインテーマを否定してんじゃないのかなって感じです。 東映ちびっこ向け映画はいかに工夫してちびっこ達を飽きさせず、お金を貰った分だけ最後まで見せるのかが鍵なんだから、メインターゲットであるちびっこ達に映画館に来なきゃいい、なんて言ってたら結局メインでお金払ってくれる人がいなくなって続きが作られなくなる未来が見えるんだけど、それは誰の得になるんだろうって感じです。

  • kaz********

    4.0

    やはり戦隊の安定感

    どんなピンチでもライトの無責任に感じる思いつきが「イマジネーション」てご都合主義で何となく解決。 一見するとお気楽極楽な軽い感じもシリアスなシーンでは一転、極端に重苦しい感じ。 そんなテレビシリーズの延長線上にある良くも悪くもお祭り映画。 勿論テレビスペシャルで良いじゃんと思われるかも知れないが、そこはお祭りって事で劇場版なんだろう・・・多分。 序盤からギャラクシーラインが宇宙に戻れない・地球のイマジネーションの力が弱まってると重苦しくスタート。 しかし、ライト発案で町の人達からイマジネーションの力を手に入れギャラクシーラインは無事に宇宙へ。 スカイツリーに掛かる線路・今飛び立たんと走るギャラクシーライン・そこへ橋のように掛かる虹、子供で無くとも見ていてワクワクするシーンなのではないでしょうか。 そこから一気に攻勢に転ずるトッキュウジャー、パワーを取り戻したギャラクシーラインとナイル伯爵を撃破! ど安定な展開で、トッキュウ3号と5号、レディもカワイイし最高。 しいて言えばやはり時間が短いせいかサファリガオーのロボモードが一瞬だけとか・・・ 今年は鎧武がつまらな・・・のでそっちの時間と予算削ってこっちに持ってくれば良いのにねって素人考え。 上映順も戦隊で盛り上がって鎧武で盛りさ・・・だと劇場出た時のテンションが違うんで逆が良かったかな。 そう感じる程度良かったと思います。 あと、ナイル伯爵、耳障りだからしゃべるなよ・・・ 酷いと思われようがそのくらい自分は合わなかった。

  • iry********

    3.0

    今年は、戦隊の方が、ライダーよりも良作★

    他の人の感想で、 ◆◆ トッキュウジャーか、仮面ライダー鎧武、 どちらか片方しか好きではない子供達にとっては地獄で、  後半の仮面ライダーガイムが始まると、 つまらないと言って帰る家族が何組もいて、 投稿者の子供達も、 トッキュウジャーは大好きだけど、 仮面ライダーは好きではないので 結局最後まで観る事にがまん出来なくなり途中退場した。 ◆◆  ↑ …というのがありましたが、 その原因は、今回の仮面ライダー鎧武の映画の監督が、 評判が悪いことで有名な、金田治監督だからです。 決して、合計の上映時間のせいではありません。 冬の仮面ライダーの映画も、1時間40分くらいですが、 子供が最後まで夢中で観ていた~という作品もありました。 子供にも好き嫌いがあるから、 別々の作品を同時上映で公開しては いけない、 …わけでもありません。 今回の鎧武の映画を、冷静に振り返って下さい。 果たして、本当に、子供受けする内容でしたか? もちろん、お子さんによっては、 面白かった~!というお子さんもいるでしょう。 しかし、ライダー同士の殺し合いバトルを見たくないお子さんにとっては、 今回のガイムの映画は、苦痛だったと思います。 もしも、他の監督が作っていたら、 テレビシリーズの鎧武を観ていないお子さんにも、 ある程度 楽しめる作品になっていたと思います。 2年前の映画・ スーパーヒーロー大戦 など で、 ライダー同士の殺し合い・潰し合いをやって ヒンシュクをかったのに、 今夏の映画でも、また懲りずに、 ライダー同士の殺し合い潰し合い…を描いた監督、 それが、金田治監督なのです…orz。 今回も、ライダー同士の潰し合い殺し合いが、 中盤で延々と描かれて、大人でも長く感じました。 しかも、今回は、各ライダーが消える直前に、 発狂したり、変な植物に全身を覆われたり、 見ていて怖い描写が何度もありました。 これって、子供目線では、どう感じたんでしょう? ついには、街中での前面戦争になりますが、 これまた、大人目線で見ても、長い! 特殊部隊による銃撃戦、いつまで続くのか、と。 2年前のスーパーヒーロー大戦の悪夢が甦りましたよ。 それに加えて、 今回の映画のために用意された仮面ライダーが、 なかなか出てこない。 悪のライダー・ マルスは後半になって登場。 もう1人のライダー・ 仮面ライダー冠 ( カムロ ) は、 映画の終盤になって、よ~やく登場です。  登場が遅すぎます…。 やっと登場したと思ったら、 ライダーの姿での闘いは一切無しで、 直後に、サッカーボールくらいの大きさの丸い球に変形して、 ラストバトルは、サッカーでした…orz。 一体なんのために、 仮面ライダー冠の姿になったんでしょう? 呆れてしまいました…。 この金田治という監督、 過去のライダー映画でも、同じような過ちを犯して、 皆から、さんざん批判されています。 さて、戦隊は、夏の映画では、いつも前座扱いですが、 今年は、前座のトッキュウジャーのほうが、 メインの仮面ライダー鎧武の映画よりも、 良かったのではないかと思います。 30分程度という時間の都合上もあってか、 鎧武と違い、変にひねった話ではなく、単純明快です。 でも、子供向けということを考えると、 むしろ、これで いいんですよ。 仮面ライダー鎧武の映画の金田治監督は、 メインターゲットの客層が誰なのかということを、 よく考えて作ってほしいものです。 それと、 よく、作品に対して、批判的な意見があると、 嫌なら見なければいい…とか、 子供向けの作品にダメ出しばかりして大人気ない、 …なんて意見を言う人がいますが、 これは論外。 子供向け作品といっても、 駄作もあれば、良作もあります。 正当な評価をせずに、子供向けだから…といって、 駄作も良作も、一緒の扱いをするのは、 良作を作っているスタッフに失礼です。 また、作品を作っているのは、大人です、 それもプロの人なのです。 まして、映画というのは、 お客様から、お金をとって、見せるものです。 だから、金田治監督のように、 毎回、批判的な意見を 数多く言われるようでは、 プロ失格ですね。 …と、いうわけで、今年の夏のヒーロー2本立ては、 メインの仮面ライダー鎧武よりも、 前座のトッキュウジャーのほうが良作でした★  つい、鎧武の意見を長々と書いてしまいましたが、 ここは、トッキュウジャーのレビューなので、 点数は、トッキュウジャーだけの点数で、星3つ。  あと、クッキングまいんの子、可愛かった♪

  • ste********

    4.0

    楽しめました。

    物語は楽しめた。 特に仮面ライダーが。 サッカーともコラボなんてよく思いついたね。 アクションシーンもよかった。 戦隊の方もサファリ乗換だっけ?あれがよかった。 配役も仮面ライダーでは、片岡愛之助さんや本編ではいなくなった浪岡一喜さん、白又敦さんが出ている。 戦隊側ではヒャダインさんが声優をしているし。 コメントに、どちらかしか好きではないのだから別々に~とか言ってる方がいるが、二つそろって特撮作品であるのだから、そこは我慢するべき。 同時上映が嫌なら、映画館で見なければいいだけのことだし、DVDが出るまで待てばいいだけのこと。 お金払ってまでいやな思いしたくないでしょ? >どっちか片っぽしか好きではない子供達は地獄だったらしい それはガキの勝手。 >仮面ライダーは好きではないので結局最後まで観る事にがまん出来なくなり途中退場 だから? さらに別の方の意見で、 >トッキュウジャーはただテレビと同程度の時間で終わってしまったのでもう一盛り上がりが欲しかったです。逆に仮面ライダーは戦闘シーンが長く、苦痛でした。息子も観慣れないせいもあって怖がってしまい途中退席しました。 戦隊の方は平均してもそれぐらいの時間。 仮面ライダーの方は戦闘シーンが多いのは当たり前。 そんなこともわからずに行ったのかと思える低能。 さも、製作者側が悪いと言わんばかりであるが、忍耐力のないガキも悪い。 連れてくるべきではない。 嫌なら見なければいいだけのこと。 まぁ、子供だけで行かせるわけにもいかないだろうから親同伴になるのは仕方のないことだが。 文句言わずにがんばれ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


志尊淳トッキュウ1号/ライト
平牧仁トッキュウ2号/トカッチ
梨里杏トッキュウ3号/ミオ
横浜流星トッキュウ4号/ヒカリ
森高愛トッキュウ5号/カグラ
長濱慎トッキュウ6号/虹野明
福原遥レディ
ヒャダインヒャダイン ナイル伯爵
大口兼悟闇の皇帝・ゼット
関根勤車掌
KENNハウンドシャドー
M・A・Oパス子
山口勝平チケット
堀江由衣ワゴン
福山潤ネロ男爵
壌晴彦シュバルツ将軍
久川綾ノア夫人
日高のり子グリッタ嬢

基本情報


タイトル
烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日