レビュー一覧に戻る
まほろ駅前狂騒曲
2014年10月18日公開

まほろ駅前狂騒曲

1242014年10月18日公開

thr********

3.0

前作に比べると薄味

前作やドラマと比べると薄味か。 というよりドラマが群を抜いて良く出来ていた。 本作は妙に説教臭い台詞が急にポンと出てくるのがイマイチだ。 まほろは登場人物たちのどこか変だけどナチュラルな会話劇や空気感が持ち味というか、そこが一番の肝なはずだが、 自然な掛け合いで進んでいた会話の中に突然堅苦しい説教台詞が始まるのに違和感があった。口調や語尾までいきなり変わるから余計に台詞感が凄い。 またバスジャックのくだりがいまいちパッともしないし盛り上がりもせず微妙だった点も評価を下げた要因だ。 一番グッときたシーンは屋上の曽根田のおばあさんとの会話。 ありきたりに様々な映画・ドラマでよく言われる内容の台詞だけど、 本作のが一番納得に足る台詞シチュエーションだったと思う。 瑛太、松田龍平のハマリ役具合は言うまでもない。 星くんの独特の凄みも、大森南朋の弁当屋の軽い感じも、松尾スズキの笑える感じも、本上まなみの捉え所の無さも、岸部一徳の隙の無さも健在。 麿赤兒さんのあの御年齢での鍛えられた身体にはビックリしましたね。 真木よう子演じる柏木さんも妙に安心感を与える良いアクセントになるキャラクターだと思います。 娘役の岩崎未来ちゃん、演技上手いですね。しっかりしていて安心して観てられます。 そして永瀬正敏。教団のトップという雰囲気を見事に演じていました。 教団員を演じていた方もそうですが、カルト宗教のあの何とも言えぬ独特な異様さ、空気感、一見普通そうに見えてどこか変な感じの人を見事に演じています。 最初に登場するバスに乗るエキストラ全員からその雰囲気を持つ人を選んでいる所に、監督の観察力が見て取れます。 とにかくこの映画は端役に至るまでミスキャストは一人もいません。 本作で探偵物語の工藤俊作のライターのパロディーが出てくるが、 敢えて台詞で触れなかったのは粋といえば粋だし、ちょっと触れてほしかった気もする。 松田龍平は母親似だとずっと思ってきたが、今作で目を見開いた時などはブラック・レインの松田優作の面影を感じた。 遺伝子って凄いなと本作のテーマに沿うようなことも思った。 はるちゃんの絵がラストというのもとても良かった。

閲覧数772