2014年7月12日公開

劇場版K MISSING KINGS

752014年7月12日公開
劇場版K MISSING KINGS
3.5

/ 65

34%
23%
18%
6%
18%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

4人の王が入り乱れた「学園島事件」以降、姿を消したままとなっているシロこと伊佐那社。白銀の王として目覚めた彼が率いた組織のクランズマンである夜刀神狗朗とネコは、その行方を懸命に捜索し続けてきた。しかし、伊佐那社に関する手掛かりを求めては空振りに終わるという毎日が続き、徐々に気を落としていく二人。そんな中、赤の王・周防尊が治める組織・吠舞羅のメンバーとなっていた鎌本力夫と櫛名アンナが何者かに追跡されているのを目にする。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(21件)

かっこいい23.1%楽しい11.5%切ない11.5%泣ける9.6%勇敢5.8%

  • こんだくたー

    4.0

    テレビ2期への布石。

    テレビ1期ではどちらかというとキャラクター紹介のイメージが強かったです。 劇場版で実質的な主人公が変わったことから今後の展開がどうなるか期待したいです。

  • sachi

    5.0

    最高

    完璧でした。 自分的にはですが。。。 戦闘シーンに色彩に音楽などなどどれをとっても 良質なものです

  • ang********

    4.0

    素晴らしいいいい。でも聞き取れないいい。

    前作のテレビ版Kでは、イチオシだった赤の王。その周防様が死んでから、 テレビ版二期への間の話。 AT-Xで放映していたのを録画した後、なんとなく放置していたけれども テレビ版二期がスタートしたので仕方なく見る。 周防様が居ないKなので、モチベーション最低でスタート。 いやあ、面白い、面白いじゃないですか。 テレビ版を見てから結構時間が経過していたので、これ誰だっけな点も 多かったけれども、見ているウチに思い出して来て。 名前は忘れたけれども、青に走った「元・赤のメンバー」も相変わらず嫌味だし。 そして久しぶりに見る「山田抜刀」「鈴木抜刀」(名前覚えてません) そして「宗方抜刀」あー、懐かしい、有ったな、抜刀抜刀。 映画中盤で、新たな赤の王が覚醒。 そうか、女の子に継承されたのか。周防様を誰よりも慕っていた 女の子なので、こちらも納得。 良いですねー覚醒シーン。これぞ「王」て感じで。 殆ど全てに満足。 ただ、どうしても「これはアカン」な点が一つ。 緑の配下になったイケメン俺様の兄弟子のセリフが本当に聞き取れない。 演技で「ぼそぼそ」と言う指導があったのでしょうが、本当に あのキャラのセリフの3割位、聞き取れなかった。 あれが無かったら、文句無しの★5です。 おかげで、テレビ版二期も、非常に面白く見れました。

  • hea********

    3.0

    かっこいいけど中身が・・・

    TV版は一応全部見てますが、何せ2012年の冬に1クールやったもので、もう記憶が薄くなってきています。 今更感も無くは無いですが、スタイリッシュなファッション・言動で魅せる作品ですが、内容が少し分かりづらく薄いかな。 正直映画化するほどの内容でもないかも。 まあ、アニメの劇場版によくある総集編になってないだけマシだけど。 最大のオチはTV版の最終回で出てしまっているので、掴みも弱かったかな。 劇場版やるならもっと引っ張ったTV案の最終回にした方が良かったかも。

  • m********

    2.0

    ネタバレ良かったんですが…

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


浪川大輔伊佐那社
小野大輔夜刀神狗朗
櫻井孝宏草薙出雲
堀江由衣櫛名アンナ
福山潤八田美咲
中村悠一鎌本力夫
杉田智和宗像礼司
沢城みゆき淡島世理
宮野真守伏見猿比古
佐藤聡美雪染菊里
梶裕貴十束多々良
森田成一御芍神紫
名塚佳織平坂道反
下野紘コトサカ
興津和幸比水流

基本情報


タイトル
劇場版K MISSING KINGS

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日