ここから本文です

カリフォルニア・ゾンビ逃避行 (2013)

APRIL APOCALYPSE

監督
ジャレット・ターノル
  • みたいムービー 4
  • みたログ 70

2.84 / 評価:45件

愛と青春の旅立ち〜引きこもりwith Z〜

  • sou******** さん
  • 2018年1月20日 21時03分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画は、アダルトビデオで有名映画の名前をパクってコメディタッチの作品を作るヤツがいるけど、ギリギリそっちじゃないタイプの人間が作っているとみた。で、妙なセンスの持ち主なんだよね…そんなヤツって。なんか…酒友になりたいね、作ったヤツと。でも、素面では距離置きたいという(笑)。そして、同様な理由で邦題作ったヤツもね。原題は APRIL APOCALYPSE だぞ。ゾンビ逃避行とは…素晴らしい(笑)。まぁ、原題もどうかしているが…。

そもそも僕は、ゾンビ映画ってくだらないよなぁ、って思っている部分があって、本当に怖いホラーに仕立てるのは難しいと感じてる。だったら、笑わせるのか?になるとコレまた微妙。バタリアンとか観た時に、どうしたものやら…となってしまうタイプの僕でもある。バタリアンはエンディングのシュールっぷりに救われるけどさ。
その点この映画は、僕にとっては絶妙なさじ加減で、ホラーである事をほぼ放棄しつつ、噛まれちゃダメよのルールだけを持ち込んで青春ストーリーにしちゃっているセンスが好きだなぁ。精神科医から処方された薬がゾンビ治療に役立つとか、馬鹿馬鹿しくてとてもイイ。そしてラストの救いようのなさ…、人生って難しいっす(笑)。
はっきり言って、バイオハザードとかよりよっぽどマシ。この頭悪そうに装った感じは、ゾンビ映画を小難しくする監督や脚本家よりもイイ味出していると思う。

ついでに、ステファニー・ハントって女優さんが歌を歌うシーンがあるが、とっても声がイイんだよねー。ルックスは可愛いけど好みじゃないタイプ。しかし、彼女の歌声は素敵。ボーカルの良し悪しの半分以上は声ですがな!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • パニック
  • 絶望的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ