2014年10月11日公開

近キョリ恋愛

1182014年10月11日公開
近キョリ恋愛
2.8

/ 907

30%
10%
14%
11%
37%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(388件)


  • みやこ

    1.0

    ファンでもキツイ

    私は山下さんの大ファンだ。しかしこれは酷い。終始背中がゾワゾワしっぱなし。臭い台詞にわざとらしい演出、そして稚拙な演技・・・。だいたい今時スカートの裾をギュッと握る女子高生なんているのか?笑。というリアリティーの無さ。てかそもそもあんな先生いねーだろ。何考えてんだ。 興行成績1位取ってるけど満足度とは違うからね・・業界関係者、出演者はそこ勘違いしないで欲しい。ていうか、この映画絶賛してる人は、一体どこに感動を見い出しているのか甚だ疑問。対象年齢はせいぜい中高生だろう。酸いも甘いも知った大人が共感出来るところは何ひとつない。 初日舞台挨拶で監督が「この原作を映像化するのは非常に難しかった」と言っていたが、「じゃあするなよ」と思った。なんでもかんでも映画化すればいいってものではない。まぁ監督も本当はこんな映画撮りたくなかったのかもしれないが・・・(いわゆる大人の事情) 私としては、こんなあほみたいな映画で1位取って満足してるようでは・・と危機感を募らせている。一から演技勉強したほうがいいよ、山下さーーん。なんか山下さんの演技やる気なさげに見えたし。クールな役だとしてもよ(苦笑)ビジュアルだけでいつまでもつか、事務所も本人もはよ気づけ。

  • さち

    3.0

    最高!!

    私が見た恋愛映画の中では上位の方です。ラストがとてもよかった!物足りなさを補ってくれました。しいて言うなら、音楽をもっと上手にかけてほしかなったかなってくらい。 そこまで真面目な話じゃないから、気軽に見れると思います。

  • 福井範子

    2.0

    見たい

    ジャニーズ大好きやから見たい

  • oir********

    3.0

    ネタバレなんじゃこりゃ!的噴飯物だがまぁよしよし

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • アサシン

    5.0

    とにかく恋愛もので感動したければ観ろ!

    ストーリーや展開、セリフ、演技に厳しい見方をいつもしていて、これは、どれも、低い点数しかあげられない。 しかし、魔法のような撮り方は、何千と映画を見てきた中で唯一です。 授業中の教壇の下でキスする山ピーと小松菜奈が神々しく感じられるて、ある。 山ピーと小松菜奈が海辺で語り合い、抱き合うシーンは、理屈抜きで、慟哭物です。 とにかく、悪口レビューや口コミ気にせず、観てください。 人間らしい精神があれば、間違いなく感動しますよ。 そんな意味ではリトマス紙みたい。 感動しなければ、ヒトデナシとは断言しませんが、近似値ですか。

  • asamik

    3.0

    小松菜奈と

    山Pを堪能する動画って感じ。 なんなら新井浩史も堪能できます。

  • あっこ

    5.0

    ネタバレ何回も見たいと思いました。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ver********

    3.0

    80年代後半のフランス映画のように・・・

    47分で終わってしまうような「テレビドラマ的な話」なんだけど「生徒と教師」の恋愛映画は、「愛のために死す 1970年 アンドレ・カイヤット監督作品」を思い出してしまう世代なので、「プラトニック・ラブ(ツンデレ女子高生とイケメン英語教師の駆け引きを指す)」は、「La Petite Allumeuse 幼い火遊び 1988年フランス映画作品」の「焼き直し」にしか感じられなかったのは、う~ん!残念ですね!(解るかな?) ※でも、今どきの女子高生なら、「枢木 ゆい」に「シンパシー」を感じるんじゃないかな?

  • tdi********

    4.0

    ネタバレ原作とちょっと違う!?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • まちこ

    1.0

    こりゃないわ・・・

    教師と生徒ものって、ドラマとか小説とかいろいろ出てますが、これはどんな惹かれ方をするのだろうと思って楽しみに視聴。 ・・・ところが、ナニコレ!? 山Pが途中から気持ち悪く見えました。水川あさみも何でこんな勿体ない役やってんの? 原作は読んでないですけど、たった2時間ほどにまとめたからこんな陳腐な仕上がりになっているのでしょうか? 非常に残念です。

  • cvk********

    1.0

    原作ファンじゃなければ、、、?

    もともとみきもと凛さんがとても好きでとくにこの作品ははじめて好きになったみきもと先生の作品だったんですが 映画は原作を無視しまくったような作りで原作ファンとしてはきついものが… 小松ななちゃんはあいかわらずかわいいし、山Pはかっこいいしきゅんきゅんはあるけど、映画としてはう~~~~んという感じ、、、 特にゆにちゃんのおもしろいところがなくなちゃってるなと 完全恋愛もの、原作のコメディの部分は0に等しい、、、 いまやってるゼロキスは映画化しないでほしいな、、、

  • pip********

    4.0

    小松菜奈が魅力的

    ドリパスで鑑賞。なんでここの評価はこんなに低いんだろう?普通に面白かったよ。このレベルで批判されるって、きびしくない? 小松菜奈はやっぱりいいね。決して上手なわけじゃないんだけど、どんどんいろんな役を見てみたくなる。 やっぱり評価の低い原因は山pだろうか? 確かに下手だけど、特にこの映画では下手さが目立ったけど、カッコいいからいいんじゃないの? コードブルーは奇跡的なはまり役だったんだね。

  • まー

    1.0

    女子の妄想を映像化!

    壁ドン、お姫様だっこ、二人の男に奪い合われる…等、 本当に女子の妄想をふんだんに盛り込んだファンタジー映画。 故に何のリアリティもなく、超ご都合主義。 いわゆるイケメン教師だから成り立つものの、 これがチビデブ教師ならセクハラで即クビだろうな(汗) つか、マンツーマン補習が黙認されるって、 何処の進学予備校だよ(苦笑) 主役の女の子の無表情さと透明感はベストマッチだが、 あまりにも急激に感情がむき出しになる演出が… 演技力不足も手伝って違和感を感じずにはいられなかった。 またそれぞれのライバル役も激しく役者不足で、 特に氷川あさみの表情に全く品性がなくて、 キャンキャンいう声が気持ち悪く不快でした。 ジャニタレ教師は今は亡きキムタコに似てきた? またストーリーも展開も大雑把で、 どこかで見たような内容と妄想の貼り合わせ。 ラノベ未満の薄~い物語な上に、 何の思慮分別もない感情に任せたセリフが痛すぎる… これで共感や感動できるのは中学生までかな? 逆に言えばこれで喜べないのは大人になった証拠? 心の穢れを計るモノサシとして見たら、別な意味で面白いかも? どちらにせよ作品としてダメなのに変わりはないけどね。

  • hea********

    2.0

    恋空2?

    かなり強烈なものを久々に見た。 「恋空」の時ほどのショックではないが、似たベクトルの作品だ。 見れるのは中学生くらいまでの女の子かな。 高校生にはもうキツイだろう。 キャスト全員に心から同情したくなるレベルだ。 監督を調べてみたら熊澤尚人。 たしかに「君に届け」の時と似た雰囲気だ。 そして一番すごいのはこの内容で興行成績10億超えってとこだ。

  • aiai

    5.0

    切ない

    原作は1話しか読んでいないので 原作の世界観は分からないけど 私は観てとても良かった。 ゆにと名波の友情にも泣けた。 何と言ってもハルカ先生のキャラが大好き! 実際にはあり得ない事多いけど 女子高生の恋愛ものとして非現実的な 要素が入ったっていいじゃない?って 思う。それが成り立つ山下くんだもの! ゆに目線で物語を見るとホントに 切なくてきゅんって来ました。 山下くんと菜奈ちゃんの繊細な表情の演技 が何とも言えない素敵な作品。 菜奈ちゃんの事、それまで全く 知らなかったけどこの映画をきっかけに 凄く個性的で存在感のある女優さんに 成長したと思う。

  • cyborg_she_loves

    1.0

    この監督と知って納得した、ひどさ

     誰が監督とか全然知らず、なんかすごい興行収入だったという噂と、それから、あのベストセラー・コミックをどう映画化してるかという興味だけで見はじめました。  そしたら。  小松菜奈さん。山下智久くん。山本美月さん。水川あさみさん。私の大好きな俳優さんたちが続々と出てくるのに、なんだこのありえないストーリー、演出のへったくそさ、社会常識ってものをまるでわきまえない展開。  ……ん?  まてよ。どっかで似たような感覚を持ったことがあるぞ。  と思って監督の名前を見たら。  なあんだ(笑)、熊澤尚人氏か。それで全部、腑に落ちました。  「ニライカナイ」。「親指さがし」。「君に届け」。「虹の女神」。どれもこれも、優れた俳優さんたちを贅沢に起用しておいて、唖然とするようなへったくそな演出でもって、ありえない、社会常識とか人間感情とかをまったく無視した夢物語を演じさせるという、そういう作品を連発している人ですね、この監督。  だってあなた、全校生徒は何百人もいるのに、女子生徒たった1人だけを相手に補習授業をやるとか、片足をくじいただけで本人もちゃんと「歩ける」と言っている女子生徒を強引に「だっこ」して保健室まで運ぶとか、そんなことする男性教師がもし現実にいたら、こりゃもう大問題ですよ。  こんな話が、ストーリーとして成り立つと思ってること自体、これ作ってる人の常識を疑わずにいられません。  私が今でも腑に落ちないのは、なんでこんな映画にこれだけの客が金を払ったのかという、その点です。  ま、今の日本にこういうセクハラ教師・パワハラ教師をイケメンというだけで「かっこいい」と思う人がこれだけたくさんおられることを知れたという意味では、たいへんいい勉強になる映画でした。

  • mil********

    2.0

    wowwowにて

    原作は知りませんが、映画はつっこみどころ満載。とくに教卓シーンや海辺のシーンは寒すぎてありえません。 が、この気持ちを消化したくてこちらのレビューを読んで、楽しませてもらいました。 この映画は、ありえなさをつっこみながら楽しむもの。 結局、思わずリピートしてしまいました^_^ キャストみなさまのビジュアルは良いです。

  • あさQ

    1.0

    ティーンならごまかせるのか?

    タイトルの雰囲気からわかるとおりの少女漫画原作。 山Pカッコいいなぁ。 それ以上でもそれ以下でもない作品。 象徴的な仕草や暗示というより、示唆的とも言えるシーンの積み重ねで、いかにもいかにもの少女漫画。 感情を表すことが苦手で無表情な秀才少女が照れると耳を触る、嬉しいと髪留めを撫でる、傷つくと服の裾やスカートを握りしめるなどなど。 それをいちいち説明してくれる狂言回しがいて想像力をかけらも必要としない。 ってか、説明されなくてもわかるようなわざとらしいシーンばかりですけどね。 小松菜奈が悪いわけじゃないと思う、多分。 演出が悪い。ゆにがびっくりすると両肩を上げる馬鹿みたいな表現方法とか、漫画そのまま演出してどうするの?って感じ。 わざとらしさの連続で小松菜奈が大根に見えるのがかわいそう。 終始ゆにが左に留めてた髪留めをワンシーンだけ右に留めてて、あれ?って思ってたら、右横顔がかすかに見えた女生徒のその髪留めが彼女を特定する材料になってたり。 狂言回しも担うハルカにもその行動パターンを説明してくれる狂言回し役の元カノが現れたり、まだまだあるんだけど、そういうシーンがてんこ盛りすぎて、猛烈にぺらっぺらな印象が残る作品だったなぁ。

  • rin********

    5.0

    山Pも小松さんも美しい

    思ったより想像超えて楽しめた。ツンデレも素敵。純粋で穏やかでハラハラして時間があっという間。山Pと監督と関係者すべての方々の温かみが映像から溢れ出ていて優しく包まれるような空間。山Pは英語教師にしか見えなくてかっこ良い。 二人も映像も美しくて身のこなしも綺麗で演技含めて全部が自然体、感受性を伝える繊細な表情も引き込まれた。観て良かった~。

  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    2.0

    境目の無い遠近両用レンズ

    少女の願望に満ちた夢想を集めてみましたって感じ。 イケメンの教師の個人授業、求愛、結婚、留学、 独りぼっちにはならない為の親友、鬱陶しい両親は居ない家。 無理に愛想笑いをしなくてすむ日常。 そんな現実とはかけ離れた学生生活。 感情の高ぶりで耳たぶを触ったり、手を握りしめたりする仕草、決めポーズに近いもの。そこからいじらしさを感じとれれば良いけど。

1 ページ/20 ページ中