変態小説家

A FANTASTIC FEAR OF EVERYTHING

100
変態小説家
2.6

/ 86

5%
13%
33%
36%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(9件)

笑える25.0%コミカル25.0%楽しい20.8%ファンタジー12.5%不気味4.2%

  • oce********

    3.0

    変態というより妄想

    本人が変態というよりは、周りが変態じゃないかと見ているだけ。 こんな邦題付けられたら、好んでみようとはならないんじゃないかな。 妄想に囚われている小説家のジャックの日常を描くのだが、ホラー的側面を入れながらも、そこは演じるのがサイモン・ペッグ。 本来持つ愛嬌を武器に、可笑しく見せている。 妄想の原因がコインランドリーという小ささ。 ただそういう小品というのを踏まえれば、それなりに楽しめる。

  • tetsu32

    4.0

    俺は好きだよ

    ついてるんだかついてないんだか、どっちとも言い切れない男の物語。 色々と話が展開していくけど、終始とぼけた感じでどこか安心して見てられる。 基本ふざけてるので、好きな人は好きだろうし、嫌いな人は全く受け付けないだろうと思う。 俺は好きだよ。面白い。 ただ邦題はいただけない。

  • fg9********

    2.0

    小汚いブリーフから小汚い〇〇が零れそうで

     …あらすじは解説のとおりと書こうと思ったら空欄だった。  主人公は、最近観た『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!』のサイモン・ペッグだったので観てみる。  原題は『A Fantastic Fear Of Everything』なのに、邦題は『変態小説家』で、どんな変態ぶりを晒すのか見守っていると、サイモンは犯罪小説家で、冷酷な殺人鬼が書かれている資料ばかり読み過ぎて、自分も殺人鬼に狙われているんじゃないか?という誇大妄想に憑り付かれているイカレポンチだ。  小汚いアパートの一室で、これもまた小汚いブリーフ1枚の恰好で震え慄いたって、怖いんだか愉快なのかどっちつかずで、一向に面白くなりそうな気配がない。  そんなストーリー展開よりも、いつ小汚いブリーフの脇から、小汚い〇〇が零れるのか?と関心はそちらにいってしまって、それこそ変態的な妄想に駆られてしまった。  また、サイモンはコインランドリー恐怖症も患っていて、こちらの方は幼き頃のトラウマだったが、このエピソードもそれほどの面白さはない。  コインランドリーで本物の殺人鬼に囚われて、サイモンは即興で『ハリネズミのブライアン』だったかの物語を語るのだが、その模様がストップモーションアニメで描かれていて、ちょっぴり好印象だったので☆一つプラスした。

  • get********

    3.0

    ネタバレ個人的には好きですが

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • lio********

    5.0

    けっこうオススメ

    最初のほうはほとんど意味ないシーンがつづいて、主人公が外に出るころからがかなり面白い。個人的にはけっこう笑いました。可愛い人形劇みたいのもあってかなり盛りだくさんな感じです。映像もきれいでファンタジーなとこもあります。前半に負けず見たら満足するんじゃないかと思います(笑)サイモンペッグが好きなのでちょっと甘めの採点かもしれません。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
変態小説家

原題
A FANTASTIC FEAR OF EVERYTHING

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日
-

ジャンル