レビュー一覧に戻る
バンクーバーの朝日
2014年12月20日公開

バンクーバーの朝日

1332014年12月20日公開

drm********

1.0

もっと偏見と戦え

薄っぺらい、薄っぺらすぎる。 せっかく豪華キャストと素晴らしいセットと題材を持たせてもらって、なぜこんなにもつまらなく出来るのか? これ、公開当時どうだったのだろう? 製作費ペイできたのかな? などとくだらないことを考えてしまったほど退屈だった。 カナダ人に迫害? そういうことを片側からしか見ないとただのくそプロパガンダになるよ。 そうじゃないでしょ。日系カナダ人の苦悩をしっかり描いてよ。 これ、下手にキャストをふくらましたからダメだったのでは? 主要キャストをもっと絞り込んだら見せるべき話を集中してできたのでは? これでは、監督がただのオールスター映画を作りたくて原作を軽く見すぎているとしか思えない。 話にメリハリないし。 なんかヌルッと勝ちだしてヌルッと進んでいく感じが許せない。 亀梨くんのキャラもイマイチ定まっていない。 これは、亀梨本人の問題ではなく、監督の演出の問題。 野球を通じて日系カナダ人という立場を明確にし、カナダ人による偏見を払拭する といったわかりやすい物語がなぜ描けない? 難しいことは求めていないのに。 これでは日本人もカナダ人も浮かばれない。 後、思わせぶりなキャスト多すぎ。

閲覧数908