レビュー一覧に戻る
クライマー パタゴニアの彼方へ
2014年8月30日公開

クライマー パタゴニアの彼方へ

CERRO TORRE

1032014年8月30日公開

epic times

3.0

リアリティー重視のドキュメンタリー映画。

セロトーレという山(というかほぼ崖)に、フリークライミングで登ろうとする男たちのドキュメンタリー映画です。 画像で山の姿を見て、こんなのに杭を打たずにどうやって登ったんだと、興味を唆られ視聴しました。 結論から言うと、見応えはありましたが、物語としては普通でした。 感動のドラマを求める人には向かない作品です。 ドキュメンタリー映画なので、そこにドラマの様な盛り上がりはそもそもありません。二人の男を淡々と追いかける構成です。リアルそのものを見たい人にはうってつけの映画ですが、その薄味さが自分には少し退屈でした。 例えば山登りシーン。垂直の壁をよじ登っていく事自体、凄い事をしているのはよくわかるのですが、いかんせん凄腕のクライマーが、サクサクと登っていくため、緊張感やその凄さがイマイチ伝わりにくくなってしまっています。(リアリティーとドラマ性はトレードオフの関係である事がよく分かりました) 100分のうち山に登っている描写は約半分ほどで、 フリークライミングシーンは見応えもあって楽しめましたが、それ以外の二人の私生活や山の歴史といった描写は少し退屈で、家で見てると、ついスマホに逃げてしまいたくなります。 その辺の描写をもう少しコンパクトにして頂ければ、もう少し見やすかったかと。

閲覧数319