2014年7月12日公開

gift

- 2014年7月12日公開
gift
4.0

/ 159

40%
31%
18%
6%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(76件)


  • \(^^)/

    5.0

    侮るなかれ、号泣映画でした。

    エンケンさん好きなので、とりあえず見てみました。 B級映画の様な映像ですが、内容はその辺の賞取りましたってゆう映画より余程濃いものです。 冒頭で、秘書やお世話役を突然クビにした理由も、目覚まし時計が鳴る前から起きていた事も、のちに判明する理由からです。 松井玲奈さんとは親子役ではありません。 30年会っていない娘の頼みでプレゼントを届けにいく孤独で冷徹な社長の遠藤さんが、非行少女の松井さんと偶然出会ったベンチで交渉し、100時間100万円で運転手兼世話役として雇います。 山梨?からゴールは東京。 その間、エンケンさんの昔の懐かしい思い出の地に立ち寄ります。 だんだん2人の絆が生まれていきます。 借金取りにつけられている松井さんは、何度かエンケンさんのバックを盗んで逃げようとしますが、次第に心境は変化していき、借金取りに迫られた時も「東京着いたら返せるから」と、エンケンさんを優先します。 この時彼女はまだプレゼントの内容は知りません。 結末はまさかの…でした。 プレゼントとはそういうことか 娘からの「助けて」とだけ書かれた手紙 冒頭のエンケンさんの横柄な態度に繋がります。 終盤、別れ際の松井さんの 「本当のお父さんってこんな感じなのかなって思えたし」 というセリフ、 エンケンさんの 「こんなこと頼んで本当にすまない」 「ありがとう」 というセリフと映像に、ただただ号泣。 松井さんの不良少女の演技も違和感なく演じられていて良かったです。 エンケンさんの父としての責任を果たす姿を、松井さんが色々な事を感じ、真面目に生きていく 後味はあまりよくないですが深い映画です。 エンケンさんって色々演じ分けが凄い。

  • JUNJUN

    3.0

    感想

    ストーリー良かったです。松井さんの演技が、想像を超えるうまさでびっくりしました。女優さんにもなれますね。

  • cho********

    1.0

    おい

    最後のナイフはどこから出てきたんだ?

  • jaw********

    5.0

    脚本の安定感

    地味な題材ですが、脚本・映像の安定感で最後までストレスなく観れます。 松井玲奈は健闘。

  • おおぶね

    4.0

    3.5くらい

    おっかしいな。 観たことになっていて覚えてない。 酔っ払って観たのか

  • ハンマー

    2.0

    ファン限定公開にしてよー

    えんけんさん1人でなんとか映画として成立しそうになっていましたが、それでも完成せず。 B級の邦画で静か目は厳しい。 俳優演技偏差値 松井玲奈46 助演男優の人 32 松井玲奈さんには女優続けてほしいですが、その他のエキストラやら知らない人達は、一生バイトと並行して頑張ってください。

  • kaz********

    5.0

    深く考えさせられる作品

    たまたまテレビで放送されていたものを拝見。 そのため、特に期待していなかったが、実際見てみるとストーリーもしっかりしており、内容も深く考えさせられるものだった。 何故遠藤憲一は100時間100万円で松井玲奈を雇ってまで東京に行くのか、何故過去の思い出の場所を巡って行くのか、そして題名の「gift」は何を表しているのか。最後に伏線が明らかになって繋がるところが、見終わってすっきりする理由だとも感じた。 また、最初はお互いの目的のためだけに行動を共にする二人だが、一緒にいるにつれ、お互いの過去等を通じて心開いていく様が見ていて心地良く、最後の切なさに繋がっていくのだと感じる。 松井玲奈自体もかわいく、見ていて全く飽きない名作だと思う。

  • ren********

    3.0

    アイドル映画ではない。

    劇場公開時に観ました。 愛知限定公開からめでたく全国展開とあいなった、 地域発信映画プロジェクト「Mシネマ」第1作だそうな。 遠藤憲一とSKE(当時)松井玲奈のダブル主演。 なんだアイドル映画か、と侮るなかれ。 手ブレの多いカメラワークなど、低予算の限界を感じたり、 多少は突っ込みたくなるとこもありますが、脚本もしっかりしてます。 なんといっても遠藤憲一あっての作品です。 この圧倒的な存在感を見よ。 香川照之や生瀬勝久ら「何でもできる」俳優に比べ、 この人は頑固親父にしかなりえないタイプですが、 それがもはや「右に出るものがいない」レベルに達してますな。 特にコワモテを崩した戸惑いとかいたわりの表情の説得力たるや。 そして松井玲奈。名前は知ってますが、顔を知りませんでした。 スクリーンで観ても、キレイだけどあまり特徴がなく、覚えられる気がしません。 (どうも新垣結衣とイメージがダブる) それはさておき、全体として演技はカタイしクサイです。 でも時々、ハッとするような表情を見せます。 あと声。ちょっとハスキーがかった声が、ところどころすごくいい味出してる。 少なくとも、「自分のために用意された映画に出ているアイドル」ではなく、 「作品に求められた演技に挑む女優」として、健闘していると思いました。 まだまだ上映館が少ないですが、 「アイドル映画」と決めつけて見逃すにはあまりにももったいない作品です。 登場人物少ないし、舞台化してもいけると思うんだけどな。

  • fiv********

    4.0

    心温まる素敵な作品!

    劇場上映中に観たかったけど、近くでやっていなくて見逃していたが先日ローカル放送で放映していたので録画で観た。 あり得ない設定で慣れるまでに少々時間がかかるが、そこはさすが遠藤憲一さん演技力でストーリーに引き込まれる。 タイトルのgiftは何なのか。 真実がわかってからも本当にそれで良いのか。 貰う側も絶対それは求めていないと思うのだが、送る側にいる二人のこれまで歩んで来た荒んだ人生からはそれに気付くことは無い。 ラストは、偶然貰う側も納得せざるを得ないgiftになってしまう。 本当に切なく悲しい物語なのに「良かったね」と言いたくなる心温まる素敵な作品である。

  • tak********

    3.0

    今後の成長に期待できる松井玲奈

    松井玲奈の演技が見たくてDVDをレンタルしてみました。 初主演なんで、そんなに期待はしていませんでした。 まだまだ荒削り、な部分も多いですが、卒業したAKBGの中では1、2位を争う演技派女優になれそうな気がしました。(もう一人は川栄李奈) 映画自体はどこにでもありそうなロードムービーです。

  • ta9********

    3.0

    荒けずりな感はありますが・・・

    主役2人も、ストーリーも良かったです。 プレゼントは、もらう方より、送る方が幸せですね・・・

  • sem********

    4.0

    松井玲奈には可能性を感じる

    美人過ぎないし声も出るので息の長い女優さんになるかも?

  • bg5********

    1.0

    遠藤さんしか見るとこがない

    遠藤さんは素晴らしい演技でした カメラ割りも構図も意味がわからない なにを見せたいか、空気感とか全く伝わらず 映画好きにはお勧めできません ファンの方限定で公開すべき作品でした

  • チャン

    5.0

    素晴らしい

    松井玲奈ちゃんが好きじゃない人も素晴らしい物語ありの映画とおもいます

  • うさみ

    4.0

    主演の2人がすばらしかった。

    それ以外は雑だったかなと・・・。 特に、病床の孫娘役として、まるまる太ってて健康そうなのが登場した時はビックリした。

  • kaz********

    4.0

    考えさせられる

    なかなかの出来だと思います。 この作品は不良少女だった女の子がエンケンさんの決意を 聞いたときから、突然天使のような振る舞いになって あとの旅を充実させなければいけません。 理解していないといけませんし、理解しすぎてもいけないという 微妙な演技を要求されたと思いますが、非常にうまく 表現されてました。アイドルとしても一流の仕事をされてきたんでしょう。 あと、小道具の使い方が非常に絶妙です。 大吉のおみくじを引き当てるまで何回でも何回でも引くシーンが ありますが、当初はギャクにしか見えなかった小物が その存在を持ってその後のストーリーを語っています。 多分、ギフトはすんなり受けたってもらえたわけがありません。 すごい葛藤やドラマがあったはずです。 でもおみくじがあるんだから、ちゃんと届いたことになるんです。 空のプレゼントの箱もそうですね。 映画を見てた人には玲奈ちゃんのとびきりの笑顔が届いたと思います この作品はネタバレしちゃうと面白くないです。 又2回以上はみてください。 私が同じ状況になったとしたら、昔食べたかったものを腹いっぱい 食べてみたいとか、映画館を貸切で見てみたいと思うのかもしれません

  • tak********

    5.0

    ネタバレ主演が及第点で、構成と演出が落第点。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • az_********

    3.0

    玲奈ヲタなら観て損は無し!

    シンプルです。 堅物親父の旅のお供をするキャバ嬢 最初は嫌々ながらも、やがて事の真相がわかり・・・ 物語云々より、主役の2人の演技を楽しむ作品でしょう。 遠藤憲一は脇役のイメージが強いですが、やはり巧いです。 玲奈嬢も元来の幸薄キャラとマッチしています。 そして、何より美しいです。 彼女が映るだけで、画面が引き締まり、ウットリさせられます。 ヲタなら自分とエンケンを脳内変換させ、松井玲奈との妄想旅行を味わえることでしょう。 低予算アイドル映画としては上出来です。

  • フミヒデ

    3.0

    普段映画をみないアイドルオタなら感動?

    私は映画好き方面から来た人間なので 細かい描写がなく あまりにも展開が雑でインスタントな流れに薄さを感じました。 言いたいことはわかりましたが、 深夜ドラマかよくて2時間ドラマレベルとしか思えませんでした。 全国展開はファンクラブの方向けが一番いいかと・・・

  • sue********

    4.0

    ネタバレ箱の中に入っていたものは。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/4 ページ中