ここから本文です

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (2014)

GRACE OF MONACO

監督
オリヴィエ・ダアン
  • みたいムービー 255
  • みたログ 1,228

3.61 / 評価:793件

「切り札」の内容は名案で痛快だが

  • mottainainer さん
  • 2019年6月8日 16時02分
  • 閲覧数 391
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ストーリー自体はハラハラするようなものではなかった。

女優復帰への葛藤とフランスの圧力からモナコを救う名案を扱っているが、レーニエ大公がタバコをふかしながら考え込んだり怒ったりする場面が多いのが重たかった。公妃の表情は、話が進むにつれて、威厳とともに毅然とする感じになるが、もう少し眉毛を調整して本物のグレース・ケリーのような温和な感じにしてもよかったと思った。母として生きることも言っているので、3人の子供がもっと描れていたらよかった。

最後の公妃の「愛」について参加者の心を動かしたスピーチは英語で行われているが、それがフランス大統領ド・ゴールはそれを理解できたという設定で、さすが貴族と思いました。ド・ゴール役は、外見も似ていますね。

モナコの楽団に東洋人もいましたが、その当時にはモナコで音楽をする東洋人がいたのですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ