ここから本文です

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (2014)

GRACE OF MONACO

監督
オリヴィエ・ダアン
  • みたいムービー 261
  • みたログ 1,321

3.56 / 評価:855件

グレース・ケリーには見えなかった

  • サンゴ さん
  • 2020年7月29日 3時24分
  • 閲覧数 157
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

私にはニコール・キッドマンがグレース・ケリーには見えなかった。
ニコールってオーストラリアで育った元気で気の強い活発な美人ってイメージ。一方、グレース・ケリーはあまり感情を出さないクールビューティーのほう。
顔自体はそんなに似てないこともないと思うんだけど、表情とかが似てないのかなあ。
むしろ顔はそんなに似てなくても、キャラクターが似てる女優さんに演ってほしかった。

で、ストーリーのほうはというと。
モナコ公妃としての葛藤がメインのプリンセスストーリーだと思ってたけど、王室内の陰謀や戦争、政治など、描かれる事件が大きい。
え、ほんとにこんなことがあったの??って驚いたけど、内容についてモナコ公国から公式に非難されたらしく、ほとんどフィクションらしい。
うーん、フィクションならもうちょっと面白い話にしてほしかったような。

ほぼ実話なら地味な話でも暗い話でもしょうがないと思うけど、ほぼフィクションならもうちょっと描きようがあったのではと思う。
最後、グレースのスピーチで戦争回避できたみたいな話になってたけど、あんなスピーチぐらいでそんな大きな国と国との対立が緩和されるとは思えない。
それが描きたかったのならもっと丁寧に描くべきだと思う。

あと、単純に、なんでそんなに夫が好きなのかもよくわからなかった。
愛してる愛してるというけど、ちっとも愛おしそうに見えない。夫のほうも。
愛情以上の使命感で結婚生活を続けていたならそれを描くべきだし、本当に愛情だっていうなら、ほとんどずっと不仲なのは納得いかない。
何が描きたいのかさっぱりわからない。

ニコール・キッドマンは綺麗だし、モナコの宮殿や風景も綺麗だし、音楽も素敵。
ただ、ストーリーが暗いしドラマ性も薄いし主人公のグレースにも他の誰にも共感しやすいキャラクターがいない。
映像と音楽だけで及第点をつけられる人にはいいと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • 勇敢
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ