レビュー一覧に戻る
バッド・アス ジャスティス・リターンズ

azr********

3.0

ネタバレおもしろくはないがおもしろい

妙に強く血の気が多く、柄が悪く何より顔が怖いおじいさんが活躍するアクション映画。 全体としては、アクションというほどのアクションは無く、痛快でハラハラするというよりは淡々と話が進んでいく印象。特に内容は無いと言ってもいい。 事あるごとに暴力つきの尋問をする様が非常に怖いw 団塊世代が見たら、何か強くなった気になったり、俺も出来る気がする、とか思ったりするかもしれないw じいさんだって活躍できるんだ!若者には負けないぞ!という欲求や願望を満たすように出来ているのがちょっと見え透いているのがあまり面白くない。若者に劣等感を抱えるおっさん向け、という感じだ。 主人公は大してピンチにもならず、基本的に無敵w 最後のシーンでは、ただのエリート一般人である黒幕と、まさかのタイマン肉弾戦を誘われて戦闘するが、当然圧勝w というか「なぜこいつがボス扱いw」と突っ込む人もいるだろう。もっと強そうな取り巻きがいるじゃん!お前は頭脳プレーで立ち回るキャラじゃん! ネクタイを外してさあ行くぞ!と構えてみたり、 お前らは手を出すな!と銃を構える味方を制したり、 ・・・腕に自身があったのだろうかw 結果、主人公のパンチラッシュによってあっさり撲殺されるという、とんでもないオチにw なんと形容すべきか、 ほのぼのとした気分で血を見れるアクション映画というか、 そんな作品だった。

閲覧数785