レビュー一覧に戻る
マイ・ブラザー 哀しみの銃弾
2014年7月19日公開

マイ・ブラザー 哀しみの銃弾

BLOOD TIES

PG121272014年7月19日公開

oce********

3.0

血よりも濃いもの

刑務所から出てきた犯罪に手を染めた兄。 それを迎えるのは刑事の弟。 堅気に戻ろうとするも上手くいかない兄に昔の仕事仲間が声をかけてくる。 映画でこういうパターンは絶対にまともな人間にはならない。 だが守るべきは家族の存在。 特に弟との葛藤がラストで証明される。 それは原題でもある「Blood Ties」血の絆。 兄を演じるクライブ・オーウェンが抜群にハマっており、社会の人間と上手く適合できない辺りを好演している。

閲覧数1,001