2014年8月16日公開

365日のシンプルライフ

TAVARATAIVAS/MY STUFF

802014年8月16日公開
365日のシンプルライフ
2.8

/ 219

5%
22%
35%
26%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(44件)


  • はっと

    4.0

    A side note

    This is not entirely a review. I just wanted to make a note of this Finnish near-documentary film about one point where the lead male makes a reference to his grandmother's saying that "A woman who can boil potatoes and know how to mend a sock hole would make a good wife", and he mentions his having actually said that to his would-be-girlfriend to get only a resistive reaction from her. This was taken in Helsinki, into the 21st century, one of the most advanced countries in Scandinavia, in terms of standard of living, yet a saying from the gramma, who lived the post-war (and most likely mid-war ) poverty after the Russian invasion, could still have a certain effect on a male in his twenties in first decade of the 21st century, was quite bemusing to myself, especially because I remember from another Finnish film on the founder of Marimekko how the women, even with the talent like hers as an entrepreneur, in the 50's to 60's were beaten by men of that age, at home as well as at work, although it was them who were major instigators of the progress of the Finnish industries. Anyhow, for this film, yes, categorization and identification one by one is the beginning of any scientific study, and for this man to have really investigated what items and how many are really necessary for a comfortable life was a major feat. Regardless to say, materials do not make up all of our lives. Life requires more than materialistic saturation. This, we have known as common sense, perhaps longer than the age of his grandmother's. This kind of prerequisite, essential knowledge, although shared through generations, yet, must be learned most experiantially, despite its simple truth.

  • オレンジ

    3.0

    シンプル生活の指南書ではない

    タイトルから、「シンプル生活の指南書」を期待して鑑賞しました。 シンプルライフのメリット/デメリットや実用的な工夫があるのかなと。 しかし実際にはそのような、「鑑賞者の役に立つ」ような要素はほぼなく、モノに嫌気がさした主人公が一度モノを手放したあとに徐々にモノを取り戻していく過程をドラマっぽくしたロードムービーでした。 ロードムービーとしても心を動かされるような要素がなく、結局何を伝えたいのか、どういう鑑賞体験をさせたいのかが分からなかったです。

  • fwy********

    4.0

    ネタバレ本当に必要なモノはトランク2個分

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • drm********

    2.0

    そこは買う

    自分なりに生活を計画してみた。 その意気は買うが、 だからなんだ? という感想にしかならなかった。 そこから生まれるもの?そもそも生まれたのか? 話としても行動としてもシンプルだから、生まれるものは熱いものでないとバランスが取れない感じがした。 見せ方もひと工夫欲しかったな

  • rie********

    3.0

    実験映画

    彼女に振られてしまった物大好きな青年が、一念発起して全ての(下着まで!)物を貸し倉庫に預けるところから物語がはじまります。 最初の印象は、フィンランドにもごちゃごちゃのお家はあるんだー! ということ(笑)。 一日ひとつだけ物を取り出すというルールに沿って生活しますが、物は100個で足りるということ。私も身の回りの物の数を数えてみたくなりました。 大好きなおばあちゃんから、死んだら物を持っていけない、人生は物じゃなくて人、といった教えをもらい彼女ゲット。 なんとなくハッピーエンドな結末でしたが、もう少し物と人生、幸せなどの考察を知りたかったです。 でも、ホント彼女できて良かったね!

  • hir********

    2.0

    ネタバレ1個ずつ買う方が良かったかも

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oki********

    4.0

    あなたに大切な◯◯はいますか?

    ほぼほぼドキュメンタリー映画。 シーンが変わる時のジャズ・ドラム音による颯爽なテンポ感と、鑑賞冒頭にくる衝撃なシーンに何これ罰ゲーム?と引き込まれていきます。 独身時代に誰にもバレなければ一度はやってみたいかもと思える面白い発想笑 序盤はなぜそんな突拍子もないことをしたのかの理由に迫ったり、こんなめんどくさいことに付き合ってくれる友達や家族の優しさや毒舌と本音を聞きつつも笑  中盤付近は少しノロケ?もあってボーっと観てしまうけど、合間に2~3回でてくる主人公のかわいいおばあちゃんのさりげないセリフは名言もの。 言葉にできない部分をうまく表現してくれるので、この映画の軸になっていると思います。 今やAmazonや楽天などで欲しいモノもスマホ1つですぐ手に入る時代になっても、本当に自分が必要なモノは何か分からなくなる時代。 主人公はその「モノ」に対して真摯に向き合って過ごした結果、、、 終盤倉庫へ行き、最後の荷物をとりにシャッターを開ける場面では(倉庫内から主人公を見ている目線の場面)すでにその答えを見つけていた気がします。 日々の出来事や本来便利なものがめんどうだなと感じたときに観るとオススメです。

  • natsu4936

    3.0

    物を持つのは悪か

    消費社会が飽和状態になり、断捨離が流行りだした頃?の映画。 公開から数年、今ではすっかり世間に定着した言葉となった。 持たない暮らし、ミニマリスト等の言葉も生まれ、物を持たない人が 増えている。物を減らしていくと、段々と物を持つのが悪、と感じて くるんでしょうか。行き過ぎたミニマリストの部屋は、失礼ながら、 刑務所に毛が生えた程度にしか見えない。何の為に文明の利器が生ま れたのか。この映画も、刑務所もどきの部屋にいる主人公の様子から 始まる。 すべての物を倉庫に預ける、物を持ち出せるのは1日1つ、 1年間物を買わないなど、設けられたルールは斬新でおもしろかった。 職質されることなく、懲戒免職をくらうことなく生きていくには、な かなか実行できることではないが、一度手放してから必要な物だけを 選択するという手法は良い。捨てる踏ん切りがつかない思い出の品や、 まだ使えるからと、もったいなくて処分できない物を減らすのに役立 ちそうだ。悩んで捨てた物でも、しばらくすると何を捨てたかも思い 出せないことがある。そして大して必要なかったことに捨てた後で気 づく。 映画の内容自体は、ときどき主人公が出掛けたり落ち込んだり、デー トしてみたりする程度で、特筆すべきことも、心が揺さぶられること もない。1時間20分弱の長さに見合う薄さです。 長編小説が読みたいわという気分には向きません。たまには絵本でも 読んでみようかな、そんなときには良いと思います。

  • tor********

    4.0

    映画館で見るのは退屈かも

    365日間の実験的なドキュメンタリー映画なので途中間延びしたりする場面もあり、映画館で見た人から見たらあまり好評価がつかない理由もわかるが、物に対する考え方や気持ちの整理にはいい映画です。一人でもいいし大切な人と一緒に見てください

  • kkw********

    1.0

    逆にするべき!

    いらないものを一つづつ処分していく過程をストーリーにした方が面白いと思う。YouTubeのミニマリストを視聴した方が100倍も有効️

  • buk********

    3.0

    ネタバレ所有は責任であり重荷である

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hir********

    4.0

    ネタバレ「幸せ」が何であるかを見つける実験!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ゆた丸

    1.0

    ネタバレ結構すぐに大物ゲットしだす

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • luv********

    1.0

    面白さが大きく欠けている

    設定は良いと思うし、大切なのは持っている物や物の数ではないというメッセージは分かったが、ストーリーがつまらない。 物を運ぶ映画?と思うくらい物を運ぶ描写ばかりだし、3日目で既に何を持ち出したのか分かる描写もなく、ずっと退屈でした。まだ終わらないのかと思いながら映画を見たのはいつぶりだろう。 物がなくても生きていける、大切なのは人との繋がりというメッセージにしても、メインである設定をかなりすっ飛ばしている上にストーリー性もありませんでした。

  • yan********

    4.0

    生き方の選択

    自分はどういう生き方をしたいか?ということを誠実に考えて行動した映画だと思います。 想像していた内容とは違いましたが、とても興味深かったです。 お婆さんや周りの友人知人もいい味出てます。

  • すのーふれーく

    1.0

    ミニマリストに興味あり

    シンプルな生活とか・・・ 考えてたモノと違った。 独身男の日常覗いた感じ。 面白くなーーーい 低評価は納得できる 時間無駄にした(/ー ̄;)

  • 1.0

    うーん

    つまらなかったです 女性の方が物が必要は納得 断捨離ができるようになりたいと思い観たけれど…

  • mat********

    3.0

    シンプルな感想

    タイトルに惹かれて観ました。 物がない中、どうやって暮らすのか。 そしたら次々と出てくる助っ人達。 なんだ、すでに居るんかい。 人との繋がりが大事だなと思いました。 おばあちゃんとのお話…最初と最後でモノに囲まれた場所は違えど、大切なものは変わってなくてホロっとしました。 もし認知症になった場合、モノはどうなるんだろう。

  • pnk********

    5.0

    ネタバレ評価が低い...私が高評価した理由。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • izu********

    4.0

    ネタバレとてもサッパリ、言いたいこと完結

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/3 ページ中