レビュー一覧に戻る
ザ・ヘラクレス
2014年9月6日公開

ザ・ヘラクレス

THE LEGEND OF HERCULES

1002014年9月6日公開

ZZZ

3.0

ヘラクレス誕生

ヘラクレスというと怪力無双という事くらいで、神話そのものは知らない。その為、この映画が如何にギリシア神話に忠実かは分からない。 ヘラクレスの冒険活劇ではあるが、ヘラクレス誕生にまつわる話という表現の方がふさわしいと思う。人間ヘラクレスがどの様にして、英雄ヘラクレスとなっていくかという過程が描かれている。 そこら辺を、育ての親で暴君の義父と異父兄との争いを交えた語られている。 その為か、ヘラクレスは余り強くない。強い事は強いが、それは人間レベル。神話的な強さというのは、最後の方で、ボチボチという登場する程度。 レニー・ハーリン監督なので、アクションはまずまずという感じだが、物語が中途半端。 大凡、ブラッド・ピットがアキレスを演じた「トロイ」っぽい作りになっている。しかし、所々、神話的なシーンや特殊能力的なシーンが差し挟まれ、何か興ざめする。ここら辺は徹底的に現実的にするか、神話的な話にするかして欲しかった。 ラストもどこか無理矢理、大団円に持っていっているという感じ。 途中まではまずまずだと思っていたが、尻すぼみというところ。残念。

閲覧数2,022