ここから本文です

ぼくを探しに (2013)

ATTILA MARCEL

監督
シルヴァン・ショメ
  • みたいムービー 112
  • みたログ 285

3.63 / 評価:164件

フランス映画だから、その角度で見て楽しめ

  • カナリヤです さん
  • 2015年9月3日 19時31分
  • 閲覧数 2052
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

フランス映画を見る時はいつも覚悟して見ます。
米映画や邦画を見慣れていると、ついていけないところがあるから。
それでも何故か、フランス映画に惹かれる。
これがフランス映画マジックなのか?

こちらも最初は置いてけぼり感がありました。
それでもこらえて見ます。
それがフランス映画だから(^_^;)←私の価値観ね

映像はきれいです。
色味もそうだし、インテリアがあるのに整然とされているからか。

ストーリーは・・・
1~2歳の頃に両親を亡くして言葉が発せられなくなった青年が主役。
両親が亡くなった現場にいたはずなのに思い出せない。
どうして両親は亡くなったのか?

ラストに意外な真相が!
後半になり段々とわかってきて、あ~やっと面白くなってきた!
と思いました。

ただ、ミュージカル的な歌うシーンは苦手で飛ばしてしまいました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ