ここから本文です

ぼくを探しに (2013)

ATTILA MARCEL

監督
シルヴァン・ショメ
  • みたいムービー 113
  • みたログ 277

3.61 / 評価:157件

後味がよい

  • a_k***** さん
  • 2015年9月20日 21時56分
  • 閲覧数 1594
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

TSUTAYAでジャケットを見て手に取った映画。フランスの映画は、ストーリー展開についていけないことが多くて多少不安だったけどレンタル。

幼い頃に両親を亡くして以来言葉が話せなくなった男性と、不思議な女性との出会いのお話。
記憶を釣るには音楽が不可欠、ああ確かにな〜、と。作中の音楽はどれも素敵で、ウクレレの音色も優しくてたまらなかった。色んな人が色んな物を持ち寄ったマダムのお墓、雨雲の隙間からチラリと日が差して、マダムの日が差す明るい部屋を思い出す。ラストのポールが子供にパパだよと呼びかけるシーンでは鳥肌。大きな山場があるわけでもなく、淡々と日常を描くストーリーだけど、幸せな記憶はそんな日常を少しだけ明るくするよね、私も記憶を音楽で釣りに行こうかな、そんな気持ちになる後味のいい映画だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ