ここから本文です

サスペクト 哀しき容疑者 (2013)

THE SUSPECT

監督
ウォン・シニョン
  • みたいムービー 259
  • みたログ 529

4.08 / 評価:392件

ミステリーとしても完成度高し

序盤はとにかく、登場人物たちの回想シーンがやや間延びしたテンポで、なおかつ「アクションのためのアクション」的シーンが続き、「あまり期待できないかも」と思わされました。

が、主人公が行方を追っていた脱北者が掌に何かを書くシーンあたりからテンポが格段に良くなり、またいくつかの事柄についての真相が気になりだし、それ以降は目が釘付け。

ジェイソン・ボーン三部作の影響が随所に見られますが、民族分断問題を抱える国ならではのオリジナリティもあり、ずっしりとした見ごたえが。

複数の謎の真相はどれも味わいがありますが、主人公に濡れ衣が着せられる殺人事件被害者が、事切れる直前に主人公に遺した言葉の真相が秀逸!
娯楽ミステリーとして面白いだけでなく、製作スタッフが現実世界にこめた祈りが伝わります。
感動のあまり涙を流し、興奮のあまりシートの上で身をよじってしまったほど。

惜しむらくは、悪役を演じた俳優の演技。
思考パターンと行動パターンが最高に憎らしく、悪役としての人物造詣自体は最高だったのに、いかにも悪役っぽいニヤニヤ顔一辺倒の演技だったため、リアリティに欠けてしまっていた。
この点、『アジョシ』のボスキャラを演じた俳優は最高だった。

話は変わりますが、日本映画に今後期待したいこと。

日本でもその気になれば、秀逸なアクション映画を作れるはず。
優れたアクション演技ができる俳優は少なくなく、大沢在昌や福井晴敏など、世界に誇れるアクション作家も多い。
それら作家の諸作品を、完成度至上主義で映像化してほしいものです。
逢坂剛さんの『百舌の叫ぶ夜』を、テレビドラマでありながらかなりの完成度で作り上げた『MOZU』を観てしまうと、映画にも期待したくなります。

ただ『MOZU』も、テレビ局がトレンディ恋愛ドラマばかりを量産した弊害なのか、やたらとキレイな場所でのロケーションが目立ち、泥臭さに欠けるのが気になりました。
その点、本作『サスペクト 哀しき容疑者』や『アジョシ』などの韓国アクション映画は、薄汚れた都会の裏側も生活観たっぷりに描写しているため、臨場感に満ちてます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ