レビュー一覧に戻る
わたしは生きていける
2014年8月30日公開無料配信

わたしは生きていける

HOW I LIVE NOW

PG121012014年8月30日公開

oir********

3.0

ネタバレリアルさと切実感は希薄の核戦争後英国物語

イギリス首都ロンドンからさほど遠くない郊外農村。 実母の生家でもある叔母家族の元にアメリカ娘が訪ねてくるが、軌を一にして程なくロンドンに核爆弾が投下され何らかの外国武装勢力に軍事占領されてしまう。 アメリカ娘と叔母の子供たちは英軍守備隊に男と女別々に隔離保護されるが、武装勢力の脅威が強大化し娘と従妹の幼女も逃亡を余儀なくされる。 別れた従兄の兄弟達と約束した叔母家族の家を目指し女二人は歩き続けるが、身の毛のよだつ恐怖が二人に襲い掛かる・・・・ まず映像雰囲気がひょうひょうとしていて、核爆弾が落ち「核の灰」が降ってきてもそれが危険なものという感覚が映像からは殆ど伝わってこない。(その後の放射線障害の描写もなかったしね)。そこらへんは直接の核爆弾による「核の灰」経験を経ている日本人的には物足りないと感じた部分。 武装勢力はあくまでゲリラという位置づけのようだが、その脅威もまた切実さとは程遠いもの。 いとこ同士のロマンスというのもオイオイ・・という感じだし。苦笑 しかし、それ程の深刻味がないライトな核戦争(核紛争の方が適切か)フィクションではあっても展開に対する好奇心が持続したのは、いやというほど「核」被ばくと汚染を経験してきた日本人の条件反射的反応だったのかもしれない。 2.9の三ツ星

閲覧数289