2014年7月5日公開

アイアンクラッド ブラッド・ウォー

IRONCLAD: BATTLE FOR BLOOD

1082014年7月5日公開
アイアンクラッド ブラッド・ウォー
1.6

/ 26

0%
0%
8%
42%
50%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ロチェスター城の戦いから5年が経過した1221年、数々の蛮行を繰り返すケルト人侵略者にロチェスター城主である父親を殺されたヒューバート(トム・リース・ハリーズ)は、復讐(ふくしゅう)を誓う。前回の戦いの英雄であるいとこのガイ(トム・オースティン)を捜す旅に出るが、ようやく見つけたガイは酒と女に溺れ、金に執着する男に成り果てていた。そんなガイを説き伏せて城に帰還したヒューバートは、敵の侵攻に立ち向かう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(7件)

勇敢28.6%不気味28.6%絶望的14.3%スペクタクル14.3%切ない14.3%

  • zer********

    1.0

    ネタバレグロい、薄っぺらいストーリー、ポロリ有

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gan********

    1.0

    ネタバレパッケージの煽り文句に騙される典型的な例

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いやよセブン

    3.0

    どうして戦うのかな

    前作の5年後のイングランド、治安は悪く、スコットランドとの国境付近は戦いが繰り返されていた。 スコットランド人は首領の息子を殺され、財宝もない城を復讐だけで攻め続ける。 イングランド側もわけありの戦士である叔父を助っ人に呼ぶ。 城主は怪我が重く、亡くなり、若い息子が新しい城主となる。 スコットランド側の描き方がひどく、傭兵のケルト人にいたっては蛮族扱い。

  • kob********

    2.0

    ネタバレネタバレを見ることで時間を節約して下さい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mur********

    1.0

    ひどい…

    戦闘シーンも迫力も特になく、内容もイマイチです。何が良かったかと…強いて言えば美人とイケメンがいます

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
アイアンクラッド ブラッド・ウォー

原題
IRONCLAD: BATTLE FOR BLOOD

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日