ここから本文です

さまよう刃 (2014)

THE HOVERING BLADE/BROKEN

監督
イ・ジョンホ
  • みたいムービー 83
  • みたログ 359

3.72 / 評価:261件

東野圭吾原作・ストレートな韓流復讐劇

  • sol***** さん
  • 2020年7月2日 19時10分
  • 閲覧数 1247
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

てっきり韓国における凶悪犯罪の少年達に対する遺族の私刑劇を描いた作品とばかり思い込んでいたが、原作が東野圭吾とエンドクレジットで知り多少ズッコケる。でも遺族私刑はともかく韓国でも同様の少年凶悪犯罪、少女売春などの問題は間違いなくあるのだろう。



映画はとにかくストレートで分かりやすく、娘をレイプ殺害した少年たちを執念のみで追い詰める父親に容易に感情移入(←現代邦画では無感情なままが多かったので久しぶりの感覚!)。
一人目を撲殺した時は胸がすく思いがなかったわけではない。

少年たちの犯罪仲間でもある少女売春の元締めにぼこぼこにされた時は「これで終わりか・・・」なんて無念になりかかるも、逆転勝利にはオオーッとなったり入れ込みまくり笑

そしてもう一人はどうなるか・・・全部は書きますまい。



遺族感情を視聴者にも感情移入させつつこれ以上ないほど分かりやすく描いた点。
変な芸術性やムードなど盛り込まず(←邦画はなぜかそっちに走り無駄に冗長で長く感じる場合が多い)、スピーディーでシンプルな追跡劇とした点。
音楽も必要最小限かつ効果的に用いた点。
ただの復讐劇ではなく刑事たちの葛藤、内部事情も過不足なく盛り込んでいた点。など

たとえカタルシスが不十分としても、これほどの活力を感じさせてくれれば文句は言えません。

総評四つ星


視聴後の調査で邦画もあることを知りましたがレビュー平均点は本作より大分低いようですね。
本作も東野圭吾原作をシナリオ化するに際し相当練り込んだとのこと。その成果は見事に出ていたと言えそうです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ