2014年10月25日公開

イコライザー

THE EQUALIZER

PG121312014年10月25日公開
イコライザー
3.9

/ 3,536

28%
44%
22%
4%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ホームセンターに勤務するマッコール(デンゼル・ワシントン)は、かつてCIAで名をはせた工作員であったが引退し、ひっそりと生活していた。ある夜、少女の娼婦(しょうふ)、テリー(クロエ・グレース・モレッツ)がロシアンマフィアにひどい扱いを受けているのを知ったことから、マッコールは自分にしかできない仕事をすることを決意。それは、警察が手出しできない不正を瞬く間に解決へと導くことだった。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(628件)

かっこいい26.4%勇敢22.1%知的9.3%恐怖6.0%楽しい5.9%

  • hitocch-go

    5.0

    久しぶりに観た。

    2014年公開時に字幕版で観たが、 今回はprimeの吹替え版で視聴。 日本の声優陣の声、演技がピッタリ合っていて素晴らしい。字幕よりよかった?笑 くらいだった。 主役のワシントンさんの存在感、常に相手の先を見切っての行動が気持ち良くてスッキリ。悪役さんもまた存在感がスゴイ! アイドル俳優映画より 現実的内容だし、 未見の方には、ぜひ観てもらいたい映画。

  • Shoot-G

    5.0

    矢鱈ドンパチ撃つのは馬鹿だけ

    一匹狼が悪の組織に復讐する的なアクション映画は沢山在るし、沢山観て来た。 だから其の種の映画はもう退屈にしか感じなくなったし、此の作品も事前情報無しに、余り期待もせずに観た。 だが此の作品はジャンルを問わず、久し振りに観ていて引き込まれた。 昔のテレビドラマシリーズのリメイクらしいので、映画としても目新しさが在る訳ではないけど、自前の銃は持たずに、敵を倒していくアイデアは面白かった。 矢張りデンゼル・ワシントンが良い、バリバリのアクションヒーローと云う感じより、此の一寸枯れた趣きが良い。 戦いの切っ掛けとなる、若い娼婦役のクロエ・グレース・モレッツも、最初の姿が単純に一番可愛い。 此の時まだ17歳だから当然か。 一貫して正義を重んじ、欲をかかず、困っている人を助けずにはいられない、自分には其の力が有るから、と云う主人公には共感出来たし、2014年公開と少し前の映画で、続編も在るので、機会が有ったら観てみたいと思える程、スッキリとした終わり方でした。

  • wys********

    5.0

    必殺仕事人

    2作目を先に見てしまいました。こちらの方が評価が高いので期待して鑑賞。相手を観察して銃を使わず静かに始末するところは必殺仕事人そのものでした。3作目期待してます。

  • kat********

    5.0

    スッキリする映画

    無双レベルに強い主人公。こういう映画は主人公がこれぐらい強いほうがスッキリする。死にそうになったり、主人公が傷だらけになりながら勝つのではスッキリ感が無い。超人的に強い主人公が悪人を淡々と始末していく勧善懲悪映画。強すぎて現実感が無いとか細かい設定を気にする人は見なくていいです。自分的には最高です。設定や話もシンプルで見やすいです。

  • ranpos

    4.0

    クロエ・モレッツカワイイ 戦闘シーンが特徴的。時間を宣言してたたかう。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
イコライザー

原題
THE EQUALIZER

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日