2014年10月31日公開

ベイブルース ~25歳と364日~

1202014年10月31日公開
ベイブルース ~25歳と364日~
4.3

/ 38

50%
34%
13%
0%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(18件)


  • ken********

    5.0

    河本さん、良かったやん

    生きてはったら今のお笑いはどうなってたやろね。当時のニュースでビックリしたん今でも覚えてるわ。ホンマ本人が一番悔しかったやろね。 でもこの映画でベイブルースって漫才コンビが全国区で知られるようになったんや。 無念果たせたやん。 めっちゃ泣いてしもたやんけ。 高山さん、おおきにね。

  • pvx********

    5.0

    ネタバレ作品・監督から感じる 「気概」「愛情」

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mai********

    4.0

    歯噛みする人生

    高校野球でもそう。 漫才ででもそう。 矢野燿大さんの控え捕手にもなれなかった高校時代。 登竜門的コンテストを優勝できてもバカみたいに層の厚い漫才界の上の世代の壁を突き破る事に苦心した時代。 頭角を現し始めた時に襲い掛かってきた病魔との闘病時代。 何もかもに悔しさを感じていただろうと思います。 本人きっとそんな事をおくびにも出さずに頑張り続けていたでしょうけど どれだけ歯噛みして悔しがったのだろう。 どれだけ歯噛みして耐え続けたのだろう。 思いを果たせずに 違う道を歩かざるを得ない時に 次の一歩を踏み出す勇気をくれるような作品じゃないかなと思います。

  • ぶらっくあいど かず

    5.0

    号泣

    自分も漫才をやろうと思ったのは、ベイブルースの影響でした!亡くなった時はすごく泣いて、今回映画を観て 号泣してしまいました。。。

  • TonnyTomo

    4.0

    高山は河本のこと思い出してくれよって

    もうかなり月日もたってしまったし、ある程度の年代じゃないと覚えてない漫才師だろう。でも、確かに、とんでもないほど面白かったし、劇中でも出てきたが、コントにお笑いが変わっていく変遷期だったころ、漫才師としてはとんでもなく面白かったコンビだったのが、ベイブルース。 もちろん、生い立ちやネタ作りに対する裏話はあとから知ったことで 映像化されて、すごかったんだなと感じた。 漫才を再現するんだけど、確かにあのネタ、やってたなって思い出した。 思い出したって事は、役者さんたちは、ほんとに、うまく再現してたと思う。 もちろん、多少現実を変えていたり、監督が素人だとかあるけど 思いというか、映画にこめられた相方の気持ちってのは伝わる 気がしました。 河本を忘れてほしくないのかな、思い出してやって気持ちなのかなって

  • kaz********

    4.0

    ネタバレ似てない雨上がりとトゥナイト

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dek********

    4.0

    地方で客は3人だったが……

    河本が今居たら、間違いなく天下を取ってたでしょう。 かわもっちゃんが、高山は大好きやったんや。今ならコンビ解散かな? 大事な出番前の緊張の最中に、高山のおかんが持ってきたおにぎりを食べた中に河本の優しさを見ました。 ほんま勿体ない。

  • dec********

    4.0

    生きる有り難さ

    ベイブルースと云うコンビの事は知れませんだした。 他の方のレビューを見て興味が湧き観てきました。 相方による思い出話。 普段何気なく生活していますが、生きている事の有り難さを再認識しました。

  • 優しさ貴族

    5.0

    「なんでやねん」

    「なんでやねん」 その時どうしようもないようなゆるくて間の悪い突っ込みが cm中のスクリーンに吸い込まれた。 客が0人。。。 確かに北陸地方。石川県はお笑い不毛の土地である。 地元からお笑い芸人になったのはダンディ坂野ただ一人。 お笑い番組はまだ人気があるが、 お笑いライブとなると、公演も少なく集客力も弱い。 確かに私もベイブルースというコンビは知らなかった。 が、それにしてもだ。。。 数日前youtubeか何かの動画サイトで今回の映画の 宣伝用pvを観て 「これは絶対観なければならない!」 と興奮の鼻息を吹かしていた。 その日私は当日券を買うために、店員から 「ここの席空いてますよ」と 空席で満たされたモニターを見る。 そして、 「マジか?」「今日は祝日やんか!」と疑問を呈しながら劇場のドアを開ける。 本当に誰もいない劇場で、チケットに記載された席番号の イスを倒す時思わず冒頭のつぶやきが出た。 前置きが長い事を謝罪します。 しかし、そんなことはあってもこの映画は泣ける。 わりと能天気な高山さんに対してシビアな河本さんは、 自らネタを書いて渾身の漫才を作ろうとする。 たとえ漫才コンクールで優勝しても、 「まだこんなことではアカン」と 高山さんを叱咤し、さらに自らを追い込み苦悩する。 私も映画での漫才のネタは面白いと思うし、 youtubeで見た本物のベイブルースのネタも面白かった。 他の方の意見と同じように、私もこのままいけば 現在でもテレビの冠番組を持っていただろうと推測する。 しかし、河本さんは病に冒されついにはベッドで 寝たきりになる。 もう末期の状態の横で高山さんは渾身の一人漫才を 披露する。。。 私はもう涙が止まらなかった。 途中ふと湧いてきた唯一の疑問 「小川菜摘の迷える演技」なんかは もうどうでもよかった。 エンドロールが終わり、ゆるくなった涙腺を 何度も指先でさすりながら 最後まで空席で満たされた劇場を後にする。 「なんでやねん」 さらに熱いエピソードがある。 本編にも役者として登場し、高山さんの仲間の一人でもあった 雨上がり決死隊の宮迫さん。 高山さんはこの映画の撮影中、宮迫さんには声を掛けなかった。 芸能人として、人気、実力があり、役者もできる宮迫さんは映画に 出て欲しかった。 映画に出てくれれば、客も集まるのは充分に予想がつく。 しかし、「宮迫は忙しいやろうし、、、、」という 最大限の配慮と気遣いで、宮迫さんには声を掛けずに粛々と撮影を続けた。 しかし、ついに撮影の事が宮迫さんの耳に入ることになる。 第一報を聞いた宮迫さんは激怒し、 「何で俺に声かけん!もう端役でもスタッフでもええから俺を使え!!!」 と高山さんに詰め寄ったらしい。 結果急遽アパートの管理人という役を設定し、本編に特別出演した。 第一報を聞いた時の宮迫さんは恐らく、 「なんでやねん」 という気持ちだったと思う。 空席だらけの劇場とは対照的に この映画は熱い友情で満たされている。 そして、 河本さんは薄れゆく意識の中、恐らく 脳裏にはこの言葉が浮かんでいたのだろうか? 「なんでやねん」

  • deb********

    3.0

    ネタバレ河本さんの描写が弱いかな。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cpx********

    5.0

    号泣です

    当時をいっぱい思い出しました 高校生で、よくラジオを聞きながら勉強してました 夫婦きどりも懐かしい 知ってるベイブルース、知らないベイブルース 両方を満喫しました 後半は号泣でした すすり泣く声があちらこちらから聞こえていました エンドロールの二人の漫才、懐かしかった 欲を言えば、 夫婦きどりを1番くらいは流してほしかったです

  • sev********

    3.0

    コンビ愛が伝わってくるような映画でした。

    実話だけあって、心が締め付けられるようなシーンもあり、ストーリーは良いと思う。 しかし、残念ながら、映画としてはイマイチな点も多かった。 こういう内容の映画なので、あまり酷評とかはしたくないが、レビューするからには公平にしたいと思う。 先ほど言った通り、実話だけあってストーリーは良いと思う。 しかし、いかんせん映画に関しては素人だと思われる芸人さんが監督なので、カット割りとか、話の展開とか、間とか、かなり粗が見えた。 最初の子供のシーンも、先に大人を出しておいて、回想のような形で出すべきだと思う。 誰が誰なのか、芸人仲間ならわかるだろうが、ベイブルースというコンビすら知らない者にとってはチンプンカンプンな始まり方。ベイブルースのことを知っていること前提のような映画になってしまっている。 また、病院での展開も繋がりがなく、飛び飛びな感じを受ける。映画のクライマックスなのだから、もう1~2シーンあってもよかったように思う。 心情的には高評価をつけたいのだが、公平に考えると映画としては2点だと思う。 ストーリーは良いので、この映画を、もしプロの映画監督が作ったとしたら、かなり良い映画になっただろう。 しかし、この映画は相方さんがメガホンをとることに意義があったのだと思うので、言っても仕方ない。 映画としては粗だらけだったが、相方さんのコンビ愛をとても感じた作品だったので、+1点して、3点の評価としました。

  • けんさくたん

    5.0

    吉本関連の映画の中では秀逸

    過去吉本興業の製作した作品や関係した作品を 何本もみているが、それらに共通しているのは 芸人をムリにキャスティングしてヘンな作品になったり 地方を宣伝しないといけないためストーリーがおかしいとか そんなものばかり 今回もまったく期待していなかったが、それは大きく裏切られた 吉本芸人がたくさん出ているが、うまくはまってるし ストーリーのおかしさもほぼない 後半以降は涙涙だった 場内もそこらじゅうから嗚咽のような泣き声 ともかく感動させられた ベイブルースが今もいたらどうなっていたんだろうか

  • eri********

    5.0

    ネタバレ満席でした。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ヒッチ先生

    4.0

    当時の訃報には驚きました。

    当時新聞で訃報を知って驚いた事を今でも覚えてます。 ただ、コンビ名は知っていても、どういうコンビなのかは知りませんでしたので、映画でよくわかり、又当時を思いがよみがえりました。 少し演技が大袈裟な所もありましたが、全般的には良かったんではないでしょうか。

  • kin********

    4.0

    泣く準備をして鑑賞。

    元阪神の矢野燿大選手とチームメイトだった高山トモヒロは、虎バンで見たことがある。でも彼がベイブルースという漫才コンビがあったことも、相方の河本永得さんが将来を期待されながらの急逝されたことは全く知らなかった。なので、予告フィルムを観ただけでコレは泣くやつや!!とは分かってたけど、まぁ…号泣に近いかな。そもそも、高校時代、野球、漫才コンビ、夭逝。この映画を表現する言葉としてこれらの言葉が浮かぶけど、どれも‟泣き”のツボにはまってて泣くことは必須。そのつもりで鑑賞されることをお勧めします。  映画としては未熟。前半の高校生活部分は饒舌でややくどいし、河本さんが亡くなってからの描写も眼にうるさいエピソードが多すぎる気がした。けど、主役のお二人の熱演と監督の相方への思いがひしひしと伝わってこの作品はこれでいいのかな、と思う。その監督を映画内で演じる浪岡一喜さん。振り回されながら友を信じ、一生懸命、ひたむきに芸人として自信を磨いていく姿がとてもよかった。河本役の趙珉和さんの熱い演技とかみ合って夢に向かって駆け抜けた二人の物語、良かったと思う。かなしいけど、こんなに一生懸命な芸人魂があってその姿を見ていた仲間たちは決して忘れず、夭逝した仲間を記憶にとどめて自身の芸を高めて活躍している。人の思いは消えないから、「永遠」につながる。そんな風に思えて元気がもらえる映画でございました。

  • ifu********

    5.0

    涙、涙。

    ヤンタンのヘビーリスナーでした。 当時、河本さんが亡くなったことを信じられず、はなまるリクエストにどれだけベイブルースの曲をリクエストしたでしょう。 コンビ名の由来、高山さんのおいたちなど、ベイブルースファンでも知らなかったことを蘇って知ることができました。 素敵な映画をありがとうございました。

  • kir********

    5.0

    ネタバレ感動しました。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中