レビュー一覧に戻る
フルスロットル
2014年9月6日公開

フルスロットル

BRICK MANSIONS

912014年9月6日公開

sou********

2.0

パルクールメインで白人ジャッキー・チェン

まるでレッドブルのプロモーションだなぁ…。 やってる事はカッコいいと思うけど、先ずはパルクールありきがミエミエで冷める。 映画って脚本や演出、カメラが最低限の条件だと思う。 根や幹から構成しないで、葉や花から作った映画のよう…。 まぁ、それって完全にダメだとは思わないんだけどね。例えば、ヘプバーンみたいな女優で何か撮りたい、だから彼女に合った脚本を…はアリだし。 でも、パルクールだけで1本通すのは無理だよなぁ…と思う。 例えばジャッキー・チェンは、この手のパルクールをよく撮っていたが、コメディやアクションをメインにしていた。 でも、パルクールって強さじゃないし、曲芸っぽさのある凄い技って感じなので、メインの武器じゃないと思うのだ。 ジャッキーはパルクールをおかず程度やスパイス程度に抑えていて、バトルシーンの緩急やアクセントに使っていたが、この映画のように全面押しで持ってこられると、メインディッシュが延々と続くお通しのようだ。 しかも、細かくカット割りしてあるので、やってる事は凄いのに、逆にチープだったり嘘臭くなったり…。ワンカットでスピード感出して流した方が好きだなぁ…。映像は勿体無い気がするね。 まぁ、これって、スタントアクションの王様みたいなジャッキー映画の殆どを観た僕が、ジャッキーに調教された目線なのかもしれないけれど…。 設定も、いかにもアメリカ。 格差社会と犯罪都市、ブラックカルチャー=麻薬密売、行政側に裏や陰謀がある…。そして、ドカドカ銃撃シーンとボコボコ格闘シーン。 昔は西部劇という鉄板設定があったが、現代じゃコレが鉄板設定だよなぁ…。 なんか冷める映画だったね。

閲覧数2,661