ここから本文です

記憶探偵と鍵のかかった少女 (2013)

MINDSCAPE/ANNA

監督
ホルヘ・ドラド
  • みたいムービー 97
  • みたログ 671

3.05 / 評価:446件

難解にみせているだけ、実はとても単純

  • viaroccaromana さん
  • 2015年6月6日 17時15分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

主人公の「記憶探偵」が「鍵のかかった少女」を客観的に観察していれば何も起きない物語。

「鍵のかかった少女」の義父をしっかりと調べもせず疑念だけ深め、「鍵のかかった少女」に対する回りの証言には"異常"という共通項があるにもかかわらず認めることをしない。

何故そうなるのか?

「記憶探偵」が「鍵のかかった少女」以外の、義父や少女の同級生を調べる時は何故か「普通の探偵」としてしか話を聞かないんですね。
「記憶探偵」なら「記憶探偵」として少女以外の人達の記憶も調べるべきなんです。

個性的なキャラクター達に魅力は感じるので演出次第でもっと良い映画になったような?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ