2014年9月27日公開

記憶探偵と鍵のかかった少女

MINDSCAPE/ANNA

PG12992014年9月27日公開
記憶探偵と鍵のかかった少女
3.0

/ 450

6%
20%
50%
20%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(97件)


  • zas********

    2.0

    脚本が雑すぎる

    トラウマを持つ記憶探偵という着想に浮かれて作ったストーリーがあまりに説明不足でこじつけ過ぎ。 死んだ奥さんと同じ名前にする必要もなく、少女を親が監禁する理由も不鮮明。 いくらIQ高くても、こんな変な小細工なしでも家から脱出できただろうし、絵を描くことが伏線っぽくしてるけどそれも変。 24時間監視なのに自由に出入りしていることに気づいてない。 ジュディスとの恋愛感情発生が早すぎる。 改ざんした記憶にソロバンのオモチャみたいなのがあるけどアナはその存在を知らないはず。 アナがカギを渡す理由が弱い。 海辺の家にこだわる理由がない。 キムパクがマウシーの意味がわからん。 とにかく思わせぶりの割には不親切な映画だ。

  • ヤマダ

    2.0

    最悪のオチ

    最後の10分まで最高に面白かったが、世界感の種明かし(移動終了!)もまあ想定内だが良しとして、最後のオチ(犯人)は絶対許せない。 時間とワクワクを返してほしい。

  • mim********

    3.0

    設定は面白い

    他人の記憶の中に入りこんで真実を捜査する探偵と部屋に閉じ込めらて施設に入れられそうな不思議系少女のお話。 途中まではぐいぐい惹きこまれて、これは大作の予感が漂いラストを楽しみに観ていたが…  探偵役はマーク・ストロング。リピーテッドの医師役の人だ。 少女役の女優は知らないが悪魔的魅力があり、アナ役にぴったりだ。 ストーリーはほとんど少女の記憶の中を辿りながら進んで行き、どれが真実なんだろうと観ているこっちもハラハラしますが、ラストはちょっと置いてきぼりを食らった感じ、もう少し伏線回収とかおちとかあるでしょうに 笑 海辺の家を売ったことは真実でしょう

  • sss

    2.0

    イマイチ

    超能力があるのに楽しくない。 超能力はウキウキ体験であってほしい。 /3.5(202111)

  • str********

    4.0

    謎解き重視でなければ

    結構面白かった。 謎解きについてはあれできちゃうとなんでもありになっちゃうからまあ。 消去法で割とすぐわかっちゃうしね。

  • ピカリコトッキー

    3.0

    2回観ても分かりづらい映画だ

    こんなややっこしい映画はイラーン️

  • ********

    3.0

    面白いが印象が薄い

    記憶探偵というタイトルに惹かれたが、内容にはいまいち惹かれるものが無かった 記憶を覗くと言っても、記憶が意図的に作りかえられるのであれば、証言が映像付きで便利になっただけ その曖昧さ・不確かさにずっと引っ掛かりながら見ていた ラストのオチで、映画自体がその不確かさに呑まれてしまい、脱力した 解釈の仕方はいろいろありそうだが検証してみたいと思うほどの興味も湧かない アナは可愛くやっていることはかなり酷いはずなのに印象が薄い 普通に面白かったが、パンチがなく何も残らない映画だった

  • b10********

    3.0

    ネタバレあまり映画を見てないと楽しめる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • つとみ

    4.0

    普通に面白かったが

    この手のミステリーサスペンスは好きなので、とても面白かったのだが、イマイチ記憶に残りにくい。 理由としてはまず、印象に残るインパクトあるシーンがない。 それと、少しずつ謎があきらかになっていくような、ジワジワくる感覚がない。 迫りくる何か、追い込まれる主人公、見る人を勘違いさせるミスリード、そこからくる驚き、そういったものが薄かった。 これは作りが若干荒く丁寧さを欠いたことが原因と思う。 エンディングのための伏線に重きを置きすぎだし、その肝心のエンディングもそこまでインパクトはない。 傑作になり損ねた少し残念な良作。 この手の作品が好きな人にだけオススメ。

  • gfq********

    2.0

    しっかり見てないとわからなくなる

    作業をしながら片手間に見ていたらダメですね。 最後のオチはわかったのですが、細かい仕掛け的な部分に気づきませんでした。 これから見る方はお茶とお菓子を用意して、どっしりと座って鑑賞して下さい。

  • tetsu32

    2.0

    ネタバレ少女に手玉に取られるおっさん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tak********

    2.0

    難しいわ

    見終わって、意味はわかるんだけど よくよく考えると分からなくなるような映画 かといって見返してまで意味を知ろうとするほどでもないというか(笑) 浅くゆるーく見るか 深く考えて見るか。 主人公の可愛さだけは保証します(笑)

  • ブレネックス

    2.0

    設定はイイんだけど…

    面白そうな設定に釣られて鑑賞。 ネタはすぐ割れてしまうが、何のヒネリも無く、そのままラストへ…。 正直、ヒロイン演じるタイッサ・ファーミガに惹かれていなければ、途中で観るのを止めていたかも。 夢とか記憶とか、このテのハナシは正直何でもアリに出来ちゃうところがフェアじゃないよね。

  • dus********

    3.0

    ネタバレ鑑賞メモ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • カーティス

    2.0

    ヒロイン役の俳優ありき

    人の記憶を見ることができる探偵が主人公の風変わりなスリラー。 久々に現場復帰した主人公が、少女の記憶を探る依頼を受けるが、事実と異なる記憶が頻出し…というストーリー。 正直オチはすぐ読めますし、これといった捻りもありません。いくつかの謎を残して終わるのですが、わざと残しているというよりは伏線を回収しきれなかっただけのように見えてしまってモヤモヤします。あとは主人公が間抜けすぎてイライラしました。久々の現場復帰とはいえ、証拠品の確認をすぐにしないのはなんかなぁ…。設定は面白そうなのですが、細かい粗が気になっていまいち盛り上がれませんでした。 ただ、ヒロイン役のダイッサ・ファーミガさんは凄く良かったです。お世辞にも美人とはいえないかもしれませんが、人を惑わせるミステリアスな雰囲気があって、「主人公が翻弄されるのも仕方ないかな…」と思わせるだけの説得力があります。この人ありきの映画といってもいいくらいです。 俳優はいいけど脚本と演出がいまいちで、面白くなりそうでならない、そんな作品でした。

  • mcl********

    3.0

    ストーリー甘いのか、もう一回見るべきか

    鑑定士と顔のない依頼人に近い系

  • fg9********

    3.0

    夢オチならぬ記憶オチ的な展開で……

     …あらすじは、解説のとおり。  記憶探偵のジョン(マーク・ストロング)は、最近奥さんに自殺されて情緒が不安定だったが、アン(タイッサ・ファーミガ)という拒食症の少女の記憶を探る仕事を引き受けることにする。  アンの記憶を探るうちに、高校時代にかなり凄惨な経験をしたことに行き当たる。  アンは教師から淫行を受けた言ったが、その教師はアンにハメられたと言っている。  また、同級生3人の毒殺未遂事件があり、アンはマウシーがやったと主張していたが、同級生はアンがやったと証言し、また、マウシーと言う生徒の存在はなかったと言う。  しかし、アンとマウシーが一緒に映った写真はあるのだった。  また、記憶の中の壁時計は停まっていたのか?  はたまた故障していたのか?  あの筆跡は??  といった具合に結構ミステリアスで、映像も綺麗でテンポ良く観られたが、結末が夢オチならぬ記憶オチ的な展開で興味を若干削がれた。  この後、アンの母も義父も何者かに襲われて殺されるのだが、これまでのストーリーの全部は、とどのつまり、別の記憶探偵がジョンの記憶を調査していたものだったのだ。  アンに心を許したジョンに嘘の記憶を刷り込み、母と義父殺しの罪をおっ被せて、アンはすべてから解放されたのだった。 こんな解釈でいいのかどうか解らないが、若干あなた任せの結末ではあるものの、一見の価値くらいはあったかな。

  • aru********

    3.0

    練りが甘い

    記憶を探るシステムとその能力を持つ人を組み合わせ、記憶探偵という商売がある世界。 問題があるとして屋敷に閉じ込められた少女・アナの記憶を探る依頼があり、記憶探偵・ジョンは記憶をたどっていくが・・ ジョンは妻と息子を亡くしたショックを引きずっています。 それでも生活のためと、一時辞めていた記憶探偵を再開します。 そこでアナと出会い、のめり込んでいきます。 アナは同級生や教師とトラブルを起こしたとして、部屋に閉じ込められ、監視されています。 義理の父はアナを危険視し、施設に入れようとしています。 関係者の証言とアナの言い分は異なるため、ジョンはアナの記憶に入り、事の真相を探っていきます。 色んな事が折り重なり、新しく知った情報は、新しい疑問を生んでいきます。 この興味を引かせる感じが良いですね。 ジョンもアナも悲しみをにじませた存在なので、作品全体も切なさと悲しさが漂っています。 そこにミステリーの緊張感が足された感じです。 結末には触れません。 どう感じるかは見た人次第です。 記憶を題材にした作品って多くなりましたね。 過去という世界は広く、色んな話を作り出せる幅があるんでしょうね。 世界とストーリーの幅は広がりますが、そこで上手く話をくみ上げるのは簡単ではないように感じます。 本作もツッコミどころは多くあります。 そこをどう感じるかも見た人次第です。 結末にもう一捻りあれば良かったですね。 ストーリーの練りは甘いものの、ボチボチな作品でした。

  • yok********

    3.0

    サスペンスとしての引きは面白かったけど。

    ラストまで観ると、少女に魅力なかったなー。 少女に肩入れできないと、こ映画としての感動がない気がする。

  • mix********

    1.0

    ネタバレうーーーん、個人的には微妙です

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/5 ページ中