ここから本文です

荒野の千鳥足 (1971)

WAKE IN FRIGHT

監督
テッド・コッチェフ
  • みたいムービー 15
  • みたログ 34

3.47 / 評価:19件

史上最悪な映画かもね

  • kko***** さん
  • 2014年10月8日 23時59分
  • 閲覧数 1185
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「ランボー」を撮ったテッド・コッチェフ監督の作品で「ランボー」を撮る前の日本未公開作品で、今回何の理由だか知りませんが、レイトで日本公開となり、邦題のタイトルに魅了されて見てきました。
ま、邦題のタイトルの「荒野の千鳥足」と言う位だから、究極のバカ映画と想像はしていましたが、良い意味でのバカ映画ではなく、悪い意味のバカ映画でした。
また、どうして、こんなお話映画にしたかね、と言う位、映画の内容に意味はなく、当時であれ、こんな映画の企画に金出す奴もいるんだね・・・
この映画の制作元であるオーストラリアの人はこの映画をどう思っているのかな・・・
まったく、呆れるとしか良いよがないし、テッド・コッチェフ監督がこの数年後どうして「ランボー」が撮れるようになったのか不思議に思うな(笑い)
また、脇役の名俳優ドナルド・プレザンスがこの映画に出ているから笑えるし不思議思えるな・・・
何時だったかドナルド・プレザンスのインタビューで、「金の為なら、どんな役でもやる」と言っていた事を思い出したね(笑い)
また、私を含めてモノ好きが集まって映画館全席完売状況でした(笑い)
見終わった後も、「呆れたね」と言わんばかりの帰り客の顔がありました(笑い)
カンガルーをハンティングするシーンがあるのですが、あまりにも可哀想で目を伏せてしまうシーンがあると言うか、映画の内容も悪ければ、ハンティングシーンは、胸糞が悪くなります。
小学校3年生からこの年まで映画を見続けて、私にとって史上最悪な映画の1本になります。
ま、ひとつ良い所を言えば、当時の映画ですので、当時の色で見れると言うかフイルムの臭いは感じながら見れるかな・・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ