レビュー一覧に戻る
光の音色-THE BACK HORN Film-
2014年11月1日公開

光の音色-THE BACK HORN Film-

852014年11月1日公開

tk

5.0

泣けます

バックホーンのファンです。 映画は洋画派で年に何本か映画館で見る程度です。 最初はライブDVDかPVのようなものかと思っていましたが 熊切監督の映像とバックホーンの演奏が交互に進行していきます。 熊切監督の映像は、ロシアの郊外でおじいさんがおばあさんの遺体をリアカーに乗せて歩きだします。 おじいさんに台詞はありません。 そこにバックホーンのライブが始まり、曲と歌詞がストーリーとリンクします。 おじいさんとおばあさんに何があったのか徐々に明らかになっていきます。 そしておじいさんは何処へ行こうとしていたんだろう? 最後に見える景色が答えです。 バックホーンの曲を聴き込んでいるいる人ならよりいっそう感情移入できるのではないでしょうか。 ストーリーは全く難解ではありません。 ライブで見るより近い距離で、良い音質で、今にも立ち上がりそうな臨場感と映像の悲しさと美しさを体感されてはいかがでしょうか。 単館系の映画ですが熊切監督の功績もあってか、今ならとても大きな映画館の大きなスクリーンで観ることができます。

閲覧数939